ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

夏はどうしても脇汗が気になる 脇汗のにおいの原因と対策は

   

だんだん暑くなってきました。薄着になると私はどうしても汗が気になります。中でもTシャツの脇からしみてくる汗が、イヤですがなかなか止まらない・・。

夏の脇汗のにおいについて調べてみました。

スポンサードリンク

薄着になると気になる・・・脇汗のにおいの原因は?

夏は体を冷やそうとして、自然に汗をかきます。体の体温を自動調節しているのです。

実は普通の汗そのものは、ほとんどにおいがないのです。

脇でかいた汗が肌にのこり、服の脇が汗でぬれてきます。これをそのままにしていると、汗と共に出ている皮脂と細菌が酸化してにおいの元を作り出しているようです。

wakiase_520

汗の出てくる汗腺は、エクリン線とアポクリン腺の二種類存在します。

エクリン腺・・全身に分布している小さな汗腺。ほとんどが水分でにおいもない。

アポクリン腺・・体毛が集まるところ、脇、おへそ、乳輪、局部などに分布している、毛穴と出口が一緒の大きな汗腺。タンパク質や脂肪を含んだ汗をかくため、細菌が繁殖しやすい。

脇は他の体の部分よりアポクリン腺が多く、服で汗のにおいの元となる細菌が繁殖しやすい場所なのでにおいが目立ってしまうのです。

脇汗のにおいに良い対策は 通気のよい服とこまめな汗ふきを

まずは通気性の良い洋服にしましょう。オフィス用のシャツなども汗が蒸発しやすい通気性が良いタイプを選ぶのがおすすめです。

汗をかく時期にはタオルを持参して、トイレなどでしっかり汗を拭いておきます。

あまりに脇汗がひどい場合は着替えなども用意しておくと安心です。

スポンサードリンク

実は汗腺の機能が衰えていて、汗をかきづらい方のほうが脇汗のにおいがひどいようです。

・肉食を少なめに、野菜や魚などがメインの食事にする。辛い、香辛料の強い食事は控える。

肉食がメインの欧米人はわきがの方多いようです。辛い食事も汗腺を刺激して悪い汗をかかせるのでNGです。

・過度なストレスや緊張はさけるようにする。

極度な緊張は脇やこめかみから冷たい汗がにじんできますね。

脇汗が他の方に迷惑をかけているのでは?と常々考えているのもストレスがたまりよくありません。

脇汗のにおい対策に ミョウバンを使ってみてはいかが

世の中多くのデオドランド制汗剤がありますが、私がおすすめするのはミョウバンです。

なすの漬け物を色よくするためやペーキングパウダーに含まれるミョウバンのことです。

ミョウバンは、カリウム、鉄、アルミニウムなどの金属イオンが中心になって精製されています。

ミョウバンは水に溶けると酸性になる性質があります。においの元となる細菌はアルカリ性の状態でよく繁殖します。

ミョウバンの酸性化が抗菌作用があり、殺菌力も強いので脇汗のイヤなにおいを軽減してくれるんです。

一番簡単な使い方は粉末状のミョウバンを直接、脇の下にすりつけることです。

ミョウバンは水に溶かすと酸性になりますので、ミョウバン水をつくってにおいの気になるところにスプレーするのもおすすめです。

ミョウバンと水の割合は1:150・・・

ということで、ミョウバン1ccにお湯300ccで溶かした物を、スプレーボトルに入れて使用しましょう。

1ccは1gですが、赤ちゃんの離乳食用のスプーンではかるか、指にひとつまみ程度でもかまいません。

朝、まだ脇汗をかいていないときにミョウバン水のスプレーを脇にかけておくと安心ですね。

まとめ

私は普段から汗かきなので、暑い時期に運動するとすぐに脇の下がぐっしょり濡れてしまい、不快でした。

けれど、汗がたくさん出ている方がにおいがしないという事がわかって、少し安心しました。

汗をかいたらそのままにしないで、すぐ拭き取る、ミョウバン水のスプレーをする・・など汗対策をして、暑い夏を気持ちよく過ごしたいと思います。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 健康 ,