ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

そろそろおせちに飽きた頃・・リメイク料理やスイーツを

      2015/11/17

osechi01_580

お正月も三が日を過ぎるとおせち料理は飽きてきますね。重箱にも残ってしまったお料理がちらほらあるのではないでしょうか。そんなとき簡単にできるリメイク料理をしらべてみました。

スポンサードリンク

筑前煮がなんと・・・洋風料理早変わり

どんな形がわかりませんが、根菜類を煮しめた筑前煮風のお煮しめ料理はどの地方にもありますよね。そちらを洋風にリメイクしてみましょう。

筑前煮グラタン
・ホワイトソース(缶詰、レトルト可)と溶けるチーズを用意する。
・筑前煮は電子レンジが小鍋で食べる分だけ少し暖める。
・グラタン皿に筑前煮を盛り、ホワイトソースとグラタンでオーブントースターなどで焦げ目がつくまで焼く。

お煮しめカレー
・タマネギ1/2個薄切り、牛肉細切れ150gくらい用意 ショウガ一かけ お煮しめ適量(大きい具は切っておく)
・ショウガのみじん切り、タマネギ、牛肉の順番にサラダ油で炒める。
・水を500ccほど加えて4~5分煮込む。アクがでてくるので取っておく。
・お煮しめを加えて暖まったら、カレールーを加える。
・カレールーが溶けたら、味を見て、醤油を小さじ1~2杯程度加えても可。

紅白なますは南蛮漬けのソースになります

大根とにんじんを細切りにした紅白なます、さっぱりしておいしいですが、大量に余ってしまうことも。こちらは南蛮漬けのソースにしてしまいましょう。紅白で華やかなのでちょっとしたゴチソウになります。

鮭の南蛮漬け
・甘塩鮭の切り身を人数分用意 生鮭も可。
・鮭は一口大に切り、小麦粉を軽くまぶす。生鮭の場合は塩こしょうしてから同様に。
・紅白なますは汁ごとバットに広げて、味を見て醤油を大さじ2くらい足しておく。辛いのが好きな方は輪切り唐辛子も少々加える。
・フライパンにサラダ油を多めにしき、鮭の両面をあげ焼きする。
・紅白なますのバットに焼けた鮭を30分ほど漬け込む。
・鮭の上に紅白なますをきれいに盛りつけてできあがり。

小麦粉をつけて焼いたお豆腐、温めた鶏の唐揚げ、サバの唐揚げなどでもうまくいきます。ちょっとのアレンジですてきななおつまみができますよ。

スポンサードリンク

栗きんとんや黒豆はスイーツに

もともと甘い栗きんとんや黒豆はリメイクでおいしいスイーツにしましょう。

栗きんとんパイ
・冷凍のパイシート、クルミ(他のナッツ可)ブランデーを用意
・栗きんとんの栗は塊のままであったら好みの大きさに刻んでおく
・クルミなどのナッツ類も細かく刻む
・栗きんとん、ナッツにブランデーを少々垂らしてボールなどで合わせておく
・パイシートを切り、栗きんとんのあんをはさみ、パイの表面に切れ目を入れる。
・表面に溶いた卵黄を塗りオーブンで焼く。目安は220度で10分くらい。

黒豆はパンケーキや、スコーンの具材に入れてみるとひと味違う食感でおいしいですよ。

まとめ

そのほかにもごまめをピザの具にするとか、かまぼこをネギと串刺しにして甘からタレで焼き鳥風とか・・簡単アレンジで、ちょっとおつまみもおいしそうですね。

おせち料理は火が通っている食材ですので、ちょっと洋風やスパイスでインド風にアレンジすると目先が変わっておいしくなります。もったいないので捨てずに楽しく食べきりたいですね。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 料理レシピ, 正月 ,