ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

年賀状 やめる良い方法はある?枚数を減らすにはどうする

   

nengayametai

皆さんは年賀状はどうしていますか?

私は自営業なので仕事関係と趣味の仲間、あとは親戚と学生時代の友人など・・80通近くは毎年書いています。しかしよる年なみもあり、そろそろ年賀状を出す枚数を減らしていこうかな・・と考えたりもしています。

年賀状をやめていく・・失礼がないように枚数を減らしていく方法を調べてみました。

スポンサードリンク

年賀状 もしかすると相手もやめたがっているかも

実は10年くらい前はもっとたくさん年賀状を出していたのです。仕事相手もたくさんいたこともあり、120通くらいは出していたと思います。

以前、仕事をいただいて、お世話になっていた方がいました。残念ながらある事情でその方は左遷されてしまいました。

それ以降は仕事をいただいていなかったのですが、お世話になっていたこともあり、ご自宅に年賀状だけは出していたのです。

その方が左遷されてから2年目の年賀状に手書きで

「今年も年賀状どうもありがとうございました。」

と添え書きがあり、はっと気づかされました。この方は私から年賀状をもらうことが負担なんだと。来年からは年賀状は出さないことにしようと思いました。

相手がもう70歳過ぎ、リタイア世代で高齢な方の場合も往々にして年賀状をだすことが負担になっている場合もあるようです。

必ずこちらが元旦に届くように出しているのに返事が毎年1月5日くらいに届く方は元旦に書いて出している感じがします。

もし自分にとってそう大事な相手でなければ、年賀状をやめてみても良いかもしれません。

当然、元旦に届いていても返事のない相手は出さない方がお互いのためです。住所録をきちんとチェックして、無駄な年賀状はやめましょう。

年賀状をやめていくには 出す出さないの分類わけを

年賀状をやめていくには、名簿を分類分けしていくのはどうでしょうか

・年賀状もeメールも出さない相手

家族、親兄弟はお互いに出さないということで年賀状代を節約できます。

年賀状だけのおつきあいの方も出さなくて良いかも。「今年はランチでも」とかお互い書きながら、2年以上あっていない方。

相手も、もう年賀状もいいやと思っているかも。思い切って今年は出すのをやめてみては。

・eメールや携帯メール、facebookなどのSNSで年賀の挨拶する人

年が近い友人、会社の同僚、普段からよくあうお友達

年賀状は出さないが、かわりにインターネットかスマホ経由で年賀の挨拶をすると連絡をしておきます。

仕事に関わらない趣味やスポーツなどのサークル仲間も同様で良いのでは。

・年賀状を必ず出す人

大切な仕事関係者や仲人をしてくれた方、親戚の方

遠方でなかなか逢えない学生時代のクラスメイト(自分が大事だと思っている友人)

趣味などの仲間でも指導者や目上の方には年賀状を出しておいた方が良いでしょう。

自分の方で年賀状を出していた相手を分類して、失礼がないように連絡しておけば、枚数を半分くらいに減らせるのではないかと思います。

スポンサードリンク

年賀状 出さなかった相手から元旦に届いた場合は

さて、このように分類分けしたつもりでも、元旦に思わぬ人から年賀状が届いたりします。昨年は喪中で出さないでいたり、こちらの連絡ミスもあるかもしれません。

・これからもおつきあいしたい大切な方の場合は

元旦のその日のうちに年賀状を作ってポストに投函しましょう。

宛名書きをパソコンソフトでやっていた場合は来年はきちんと元旦に届くようにチェックしておきます。

・今後は年賀状は出さなくても良いかな?と思う相手は

3が日を超えたあたりで寒中見舞いをだします。文面は年賀状へのお礼と今年から、全員に年賀状を出すことをやめたという内容を手書きで書きます。

申し訳ないですが、これで来年からは年賀状は届かないはずです。

あとがき

私の場合、結婚式の披露宴に招待されたり、招待した相手に毎年年賀状を送っていたのですが、その頃だけのおつきあいであったりすると、相手の方も負担なのかもしれないなと最近は思うようになってきました。

相手が遠方に住んでいる、住所や固定電話しかわからず、メールアドレスも知らない・・。そんな感じでしたら、思い切って年賀状はひかえた方がお互いのためかもしれませんね。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 生活