ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

節分になると豆まきをやりますが、その由来はどこから?

      2015/09/23

2月3日は節分です。子供が産まれてから当たり前のように豆と鬼のお面を用意して、豆まきをやっています。幼稚園、保育園、小学校くらいだと、冬場の楽しい行事ですね。

しかし、なんでこの時期に豆まきをするようになったのでしょうか?子供にも楽しく説明できるように調べてみました。

スポンサードリンク

節分っていつのこと?まずは節分の由来から

節分は年に1回、2月3日だけだと思っていました。しかし節分は1年の季節を4つに分ける始まりの日、すなわち1年に4回あるんです。

034_0112_010

春、夏、秋、冬・・立春・立夏・立秋・立冬の前の日が全部節分の日になります。

日本では立春を1年の始まりとして特に大事にしてきました。この日が1番良い日とされていたため、行事ごとが今でも残っているのだそうです。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分の2月3日は大晦日(おおみそか)にあたります。この日に1年の厄をはらって次の年を気持ちよく迎えようと言うことで、「厄除けとして鬼に豆をまく」いわゆる豆まきを始めたということです。

平安時代の宮中では、大晦日にあたる2月3日は陰陽師らによって旧年の厄や災難をはらい清める「追儺(ついな)」の行事が開催されていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出すこととなっていき、一般の人々にも節分に豆まきは定着していきました。

豆まきは中国から伝わった?・・・豆まきの由来は

「追儺(ついな)」の行事というのは中国から伝わった行事です。しかし、現在の中国では節分に豆をまくという風習はないのです。

日本には古来から「祓い清め」や「穀物信仰」の土台がありました。そこに中国からの「追儺(ついな)」の行事が加わり、節分に豆をまくという風習に変化していきました。

スポンサードリンク

「追儺」の行事は「鬼やらい」「厄おとし」などと呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式でした。宮中では文武天皇の慶雲3年(706)に初めて行われた文献が残っています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っています。

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」にという意味になります。

まいた豆を年の数だけ食べると病気にならず健康でいられる・・しかし年をとってくるとこれもまた大変ですね。(笑)

子供に簡単に説明できる節分の良いお話はないでしょうか?

節分の豆まき民話をひとつ紹介しましょう。

むかし、むかしある旅人が、節分の日に峠を通った時に鬼が現れました。

鬼は旅人を食べようとしました。すると旅人は

「私を食べてもよいですが、お願いがあります。大きな山に化けて下さい」
と言いました。

鬼は巨大な山にずずーんと変身しました。

そして旅人を飲み込もうとしました。

すると旅人は「最後のお願いです。小さな豆に化けてみて下さい」と言いました。

鬼は今度は小さな豆に化けました。すると旅人は、その豆をゴクリと飲み込んでしまいました。

しかし鬼は旅人のお腹の中で怒って暴れ出しました。旅人は腹痛に苦しんで歩いていくと神社ありました。

そこで神主さんが豆を投げつけると、鬼は旅人の腹の中で消えてしまったそうです。

それから節分には豆をまくのだそうです。おしまい。

あとがき

鬼のパンツはいいパンツ~♪ 強いぞ~♪ 私も幼稚園の頃、楽しく歌いました。

鬼がトラのパンツをはくわけは、「鬼門」に由来します。「鬼門」は鬼の出入りする方角で「北東」とされ、この方角は十二支にあてはめると「丑」「寅」の方角(うしとら)にあたります。古来鬼は「牛(丑)」の角(つの)をもった姿で、「虎(寅)」のパンツを身につけています。

なんかこっちの方が子供が喜びそうな鬼のパンツ逸話でした。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 季節の行事