ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

チャーハンを弱火で調理してみたら パラパラでおいしい!

   

チャーハンはお店で食べるもの・・私はずーっとそう思っていました。残りご飯で自分で作るとどうもベチャベチャでおいしくない、油まみれの混ぜご飯ができてしまうんです。

きっと中華鍋でガス火の大火力がないとできないんだ・・と諦めていたんですが、弱火でおいしくチャーハンがパラパラにできる!というので試しに作ってみました。

スポンサードリンク

チャーハンの低温調理 鮭とレタスのチャーハンに挑戦!

さて今回は冷蔵庫におにぎり用の鮭フレークがあったので、鮭とレタスのチャーハンに挑戦してみます。

材料 1人前

炊いたご飯・・・100g

サラダ油・・・小さじ4杯

卵・・・1個

長ネギ・・・10cmくらい

レタス・・・20g

鮭フレーク・・・30g 大さじ2杯くらい

塩・・・小さじ1/2杯

コショウ、ごま油 少々

レタスは2cm角くらいに刻んでおく、卵も溶いておきましょう。

ネギは私は大きめのみじん切りにしたのですが、ちょっと失敗したなと思いました。低温調理なのでネギの火の通りが悪いので、もっと細かく刻んだ方が早くおいしくできると思います。

サラダ油、ごま油、塩、などの調味料も計っておいて、小皿に用意すると楽ちんです。

チャーハンを弱火で調理するにはご飯に秘密があった!

チャーハンを弱火でもパラパラに仕上げるには・・・ご飯に秘密があったんです。

それはご飯の粘り気をとって、油でコーティングしておくことが大事なんです。

まず、保温ジャーから温かいご飯をよそって、100gを計ります。冷凍ご飯などを使う場合も、レンジ解凍して温めておきます。

ボウルに浅いざるを用意して、温かいご飯を入れて、大さじ3杯の水をかけて、菜箸などでご飯の粘り気をほぐし、サラサラにしておきます。

ご飯がほぐれたら、その上からサラダ油を小さじ2杯入れて菜箸でさっと混ぜ合わせ、ほぐれたご飯に油をコーティングしてまとわせます。

このざるでご飯の処理をする時間は60秒くらいで手早くやりましょう。この一手間で、チャーハンがぐーっとおいしくなりますよ。

スポンサードリンク

チャーハンは弱火でもパラパラになるから焦らずに

・火にかけていないフライパンにサラダ油を小さじ2杯入れてから溶き卵を入れる。そのあと、弱火で点火して(うちの場合はパナソニックのIHなので弱火の「2」で、ずーっと調理しました。)焦げないようにへらでかき回しながら2分ほど加熱する。

・卵が半熟状態になったら、ほぐしたご飯を入れて、へらで混ぜ合わせる。

・ひたすら弱火のままで、ご飯と卵をゴムべらで切りつけるように混ぜていく。

・ご飯と卵が混ざったら、フライパンが一番熱くなる真ん中をあけて、ネギを入れてネギだけよく加熱する。

ネギは写真より、もっと細かく切るか、量を減らした方が良いかも。弱火なんでなかなか火が通らず焦りました。ここで焦って強火にすると、ご飯と卵が焦げてしまいます。

・ネギにある程度火が通ったら、ご飯と全体にさっくり混ぜ合わす。

・再び、フライパンの中心をあけて、鮭フレークとレタス、塩小さじ1/2を投入。こちらはすぐに食べられるので、あたたまったらすぐにご飯と混ぜ合わせる。

・ほぼ,混ざったら、真ん中に穴を開けて、ごま油を2,3適垂らして、強火にする。(IHなんで「5」にしました。)コショーを振って全体で混ぜ合わせる。強火にしてから混ぜるまでは30秒くらいにすること!

これでパラパラの弱火で作ったチャーハンができあがりました。娘に試食してもらったら、

「おいしい!もっとないの?」

とおかわりを要求してきました。(^^;)

まとめ

とりあえず、試しに一人前を作ってみたのですが、うまくいったようです。ご飯に水をかけるのでベチャベチャしないか心配でしたが、油がコーティングされているので時間をかければ、パラパラしていきました。

鮭フレークの代わりに、チャーシューやハムでも大丈夫だと思います。塩の量は鮭フレークの塩分をみて調整してください。

ネギが大きく切りすぎたなと言うところは失敗でした。焦ってちょっと火を強めにしたので、お焦げができてしまいました。


でも、このお焦げもおせんべいみたいでおいしかったです。

家族のお昼に大量に作るにはむかない方法かもしれませんが、弱火でそんなに急いで調理する必要もないので、フライパンが2つあれば、2人前ずついっぺんに準備して、交互でへらを使って4人分できそうです。

お子さんと二人で並んで調理しても楽しそうですね。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 料理レシピ ,