健康

指のひび、あかぎれの治し方・・今年の私はこうして治しました

投稿日:2015年1月6日 更新日:

毎年冬シーズンになると悩まされる、指のひび、あかぎれ・・家事担当の女性の方、共通のお悩みではないでしょうか。予防しようといつも思っているんですが、気づいた頃には指先がパックリ割れて痛ーい!

しかし今年はドラッグストアで有力なモノを見つけたんです。今年の私の治し方を紹介します。

気をつけていたつもりでしたが、今シーズンもパックリと!

女姓で水仕事担当、特に食器洗いの時に感じますね、水が冷たくなると指先が真っ赤になり、あっという間にひびやあかぎれができてしまします。

わかっているので、冬は「手に優しい洗剤」とうたわれている食器用洗剤を使っていたのですが。(少々お高いです)

年末の大掃除、ほこりだらけのところを水拭きしていたんですが、いつの間にか手も真っ黒!何度もハンドソープで洗う羽目になりました。

そうしたら右手の親指の先や、人差し指の第一関節がパックリ割れて・・「イターい!」思わず水に強い絆創膏を貼ってなんとかしのぎました。

もちろんハンドクリームや薬用クリームも塗ってたんですが

しかしいくら水に強いといっても、ぞうきんがけをしたり、食器洗いをしているとすぐに絆創膏がはげてしまいます。

ゴム手袋をしてみましたが、やはり感覚がよくわからないし、面倒くさい・・。

寝る前には絆創膏をはがして、「ヒビケア軟膏」や尿素の入ったハンドクリームをつけて、朝は再び絆創膏を貼って、なんとかがんばっていました。

でも、その絆創膏がすぐになくなるんですよね。それでもっと安いモノがないかとドラッグストアに行ってみると、初めて見る製品がありました。

それが「あかぎれ・さかむけ保護フィルム」という商品でした。


このフィルムけっこうもつし、指が痛くない!

この「あかぎれ・さかむけ保護フィルム」という絆創膏、いわゆるガーゼに当たる部分が全くない半透明肌色の極薄絆創膏でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず手を洗って、ヒビケア軟膏をつけて、このフィルムを貼ってみると・・これが失敗、軟膏の油分ですぐにはがれてしましました。

気を取り直してしばらくたって、軟膏の成分が浸透して、ぬるぬる感がなくなってからつけてみると・・ぴったり密着、いい感じです。

そのまま食器洗いをしたり、お風呂に入ってシャンプーしたりしてもはがれません。ヒビが痛くないし、フィルムが肌の一部みたいでいい感じです。

寝る前にはがしてみましたが、普通の絆創膏だと傷の部分がふやけて白くなるのに、まったく変化はありませんでした。

寝る前だけ「ヒビケア軟膏」でケアして、朝は「あかぎれ・さかむけ保護フィルム」を張り直して、普通に家事を続けました。

そんなこんなで3日ほどするとヒビの下から新しい皮膚ができてきて、つらかった指のひび割れは治っていきました。

まとめ

今回はたまたま良い絆創膏にであって治りましたが、やはり日頃からのケアが大事だと思っています。寝る前はハンドクリームを手に丁寧に塗りこむ、食器洗いやお風呂掃除はなるべくゴム手袋をするなどが大事です。

あまりにもひどいときはおっくうがらずに皮膚科に行きましょう。何かアレルギーとかちがう原因があるかもしれませんよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-健康
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

乳酸菌とビフィズス菌との違いは何 腸に効果的な食べ方は

数年前から朝食にはプレーンヨーグルトを食べています。スーパーにはビフィズス菌とかガゼリ菌とかRなんとかとかいろいろな菌の名前がついたヨーグルトが売っています。 便秘予防となんとなく体にいいのかな?と思 …

インフルエンザの予防接種は本当に効果があるの?必要性は?

私が小学生の頃(今から40年近く前ですが)学校で10月くらいに当たり前のようにインフルエンザの予防注射をしていました。 1990年代後半くらいから、インフルエンザのワクチンそのものにいろいろアレルギー …

ストレスが原因で病気に ストレスがもたらす意外な症状は

忙しい現代人はストレスにさらされています。体の不調で病院で診察をうけても原因不明で、「ストレスでは?」と言われても困りますね。 一方、いつの間にかストレスで目に見える体の不調が出てきてびっくりすること …

フルーツ酵素でダイエット ファスティングで2日で2Kgやせた!

少し暖かくなってきたのでフルーツ酵素のダイエットに挑戦しました。ファスティングとはフルーツ酵素を利用して2日間かけてやる、プチ断食です。まったく食べないわけではなく、フルーツ酵素の栄養を利用します。私 …

歯が抜けないよう 歯の寿命を延ばすための注意点や食事法は

人は口から老いる・・このことは医学会のキーワードになっているそうです。80歳以上で元気なお年寄りは歯が20本以上残っている方が多いのも事実です。 いつまでも自分の歯でおいしくご飯を食べたいものです。 …

サイト内検索はこちら