健康

インフルエンザを家族にうつしたくない 家族に感染を防ぐ対策

投稿日:

子どもがインフルエンザのB型と診断されて、学校を休んでいます。心配なのは他の家族に感染しないかということです。

特に働き頭のお父さんにうつるとダメージが大きいです。次から次へと家族が倒れていって世話をする人がいなくなる・・みたいな笑えない話もあります。

インフルエンザを家族に移したくない場合はどうすれば良いでしょうか。

インフルエンザの感染した家族は個室に お世話も一人で

インフルエンザのウィルスは咳やくしゃみの水分が飛ぶ、飛沫感染で広がります。

直接ふれあったりしなくても、ウィルスがついた手でトイレのドアノブを触る・・そのドアノブをまた誰かが触るというようなことで感染してしまうので、家族内で広まることは多いのです。

インフルエンザに感染した方が大人の場合は寝室を個室にわけるだけでも感染には効果があります。

入院患者の多い病院で患者さんにインフルエンザが発症した場合、患者さんをインフルエンザ病室にわけて移動させるそうです。

子どもがかかっている場合は世話をする人を一人に絞ることです。主にお母さんの役割になるかと思いますが、他の方は手をださないようにします。

インフルエンザ 家族全員でマスクをして感染を防ごう

インフルエンザのウィルスはくしゃみや咳から飛んでいく・・ということは、マスクをしていれば、いくらかウィルスが飛ぶのを防ぎます。

そのウィルスが鼻やのどの粘膜に入って増殖し、体に抵抗力がない場合に熱や咳、鼻水などのインフルエンザの症状が出てきます。

感染していない家族も、家に患者がいる場合はマスクをして過ごしましょう。

感染した家族をお世話する方もマスクを必ずしてください。

鼻づまりがない場合は寝るときもマスクをすると、のどや鼻の粘膜の保湿成分が保たれて、ウィルスが唾液などで排出されるので、感染予防には効果があります。

ウィルス撃退 部屋の換気や鼻をかんだティッシュに注意

家族がインフルエンザに感染している場合、部屋の中にウィルスがたまっている状態です。時々換気をして、部屋の空気を入れ換えましょう。

病人の寝室は乾燥しないように加湿器を使う、濡れたバスタオルを干しておくなども良いかと思います。

熱が下がってきたら、軽くシャワーを浴びたり、シーツ交換、布団干しなどして、体と部屋を清潔な状態に保つようにします。

この前、うちの子が小児科でインフルエンザか検査したとき、透明なラップで鼻をかむように指示されました。そこからインフルエンザウィルスが見つかったのです。

と、いうことは鼻をかんだティッシュにはインフルエンザウィルスがたくさんたまっています。

鼻をかんだティッシュのゴミ箱にはこまめに処分するか、フタをしておきましょう。フタをするだけでもウィルスが飛びちらないようになるそうです。

まとめ

インフルエンザに感染しても発症する方と平気な方がいるのは体の免疫力の差であると言われています。

子どもは免疫力が低く、お年寄りは体力不足で体の抵抗力が弱っています。

普段から睡眠と栄養をしっかりとり、休むべき時はきちんと休んで、体の免疫力をアップさせておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-健康
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

餅で老人が窒息するのはお正月 餅が老人に詰まりやすい訳は

老人がお餅をのどに詰まらせて、窒息する事故は圧倒的に1月が多いそうです。対応が遅れると死亡事故に繋がります。 お正月に家族や親戚一同で集まって、お雑煮やお餅をいただくのはおじいさん、おばあさんにとって …

インフルエンザの予防接種は本当に効果があるの?必要性は?

私が小学生の頃(今から40年近く前ですが)学校で10月くらいに当たり前のようにインフルエンザの予防注射をしていました。 1990年代後半くらいから、インフルエンザのワクチンそのものにいろいろアレルギー …

夏風邪?子どもがプール熱かも 高熱が続いたらどうする

夏の時期、幼稚園や小学校から帰ってきた子どもが目が真っ赤で、のどが痛い・・。休ませていたら熱が上がってきた。 それ、もしかしたらプール熱という夏風邪かもしれませんよ。 関連

小学校の給食試食会に参加しました おいしくて子どもは幸せそう

娘が1年生の時に小学校で給食試食会があり参加してきました。おいしくてバランスも良く健康に良さそうな給食でした。今時の小学校の給食のことについて紹介します。 関連

ジェネリック医薬品はなぜ安い?これからもっと安くなるの?

具合が悪いときに病院で診察してもらったあと、処方箋をもらって薬局で薬を買う・・というのが主流になっています。 そのときに薬剤師さんから 「この薬は同じ成分のジェネリック薬もありますがどうしますか?」 …

サイト内検索はこちら