入学・卒業

ランドセルの置き場はリビングに カラーボックスや手作りも

投稿日:2015年6月20日 更新日:

我が子が小学校へ入学・・・お子さんのランドセルはもう決まりましたか?

ランドセルが決まったらその置き場はどうしていますか。

ランドセル置き場について考えてみました。

我が家のランドセル置き場はリビングです

うちの娘がランドセルを決めたのは、保育園の年長さんの10月頃でした。水色とだいぶ悩んでいたようですが、ピンクのランドセルに決定しました。

それは良かったのですが、当時、ランドセルをどこに置くか相当考えました。

娘は一人っ子なので自分の部屋は既にありました。

しかしお友達に聞いたところによると、小学校低学年のうちは、勉強部屋ではなく、リビングで親の目が届くところで勉強することが多いそうです。

そこで、勉強机は後にして、リビングの棚にマッチした白いランドセルラックを購入しました。

DSC_2122

小4になった今でも、そのランドセルラックにランドセルを置いて、リビングのダイニングテーブルで勉強しています。

ランドセル置き場はカラーボックスで簡単に

ランドセル置き場が間に合わない・・・。予算もそんなにない・・。そんなときはカラーボックスでランドセルラックを作るのはどうでしょうか。

今時、カラーボックスは組み立て式になっています。一番上の棚を少し下にして組み立てて壁に立てかければ、ランドセル置き場ができあがります。

カラーボックス

高さが狭くなった所には、プラスチックのトレーや、取って付きのカゴを入れれば引き出しがわりになります。

引き出しには毎日使う、名札やハンカチ、ティッシュ、文房具の予備など入れてはいかがでしょう。

下の段は縦に仕切りを入れるか、A4が入る事務用品のボックスファイルなどを使えば、教科書やノートが楽々入ります。

カラーボックスだとお手軽にランドセルラックが作れそうですね。

ランドセル置き場 手作りすればサイズ問題も解消

マンションや社宅におすまいで、ランドセル置き場のちょうど良いスペースがない・・。

そんなときは手作りのランドセルラックを作ってみてはいかがでしょうか。

・ランドセル置き場のサイズを決めて、ホームセンター等でパイプや板をカットしてもらい組み合わせる。あるいは板のカットも自宅で行い、釘を打つ。

お父さんやお母さんと一緒に工作してできた、ランドセルラックならうれしくて大事に使ってくれると思います。

・お風呂の木製の4枚板くらいのすのこに色を塗って組み合わせる。

・キッチン用のワゴンをそのまま移動できるランドセル置き場にする。

狭いなりに考えて工夫するといろいろな物がランドセルの置き場になりそうですね。

まとめ

子どもは自分の部屋がなくても、自分だけの物がしまえる空間を作ってあげると、自分が親に認めてもらっているとうれしく感じるそうです。

お気に入りのランドセル置き場を用意してあげて、整理整頓のできる子にしてあげたいですね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-入学・卒業
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私は高校1年生を2回・・登校拒否から復学するまで その2

私が高校生の頃、登校拒否をしていた経験を書きました。 私は高校1年生を2回・・高校時代の登校拒否について その1 その後、なんとか復学するのですが、その時どういうことを感じていたのか私の経験を紹介しま …

私は高校1年生を2回・・高校時代の登校拒否について その1

実は私は高校生の頃、登校拒否をしていた時期があります。今ではそう珍しくもないですが、やはり当時はつらかったですね。 ちょっと自分でも記憶の中から忘れようとは思っているところがあるので、曖昧な表現になる …

式辞用紙の印刷設定 印刷を失敗しないようにする注意点は

春一番も吹いてきて、卒業や入学シーズンになってきました。学校の先生、PTAの皆さんもいろいろ準備に忙しいことと思います。 この辺でPTA会長さんが悩ましいのは「祝辞」を用意すること。 文章の内容が一番 …

小学校の入学式で写真撮影のコツは?お子さんを中心に撮影を

もうすぐ小学校の入学式・・・ランドセルの準備やどんな服装にするかお子さんも親御さんもワクワクしていることでしょう。カメラやビデオの準備は大丈夫ですか? 写真を中心に小学校の入学式の撮影のコツを紹介した …

小学校に入学して驚いた!欠席連絡は連絡ケースで、電話は?

娘が小学校に入学して早3年、クラス替えも経験し、放課後はお友達のところに行ったり来たりするようになってきました。しかし、初めての子供と言うこともあり、小学校に入学したばかりの頃は驚くべきことがたくさん …

サイト内検索はこちら