小学校

小学生の上履きの洗い方 お湯、洗剤、つけおきが決め手に

投稿日:

娘が小学校に入学してから驚いたことのひとつが、上履きがすぐに真っ黒に汚れてしまうことでした。

我が家の上履きの洗い方を紹介します。

小学生の上履きはすぐ汚れます 我が家は2足準備

うちの娘の保育園では園内は冬でも裸足で過ごしていました。

小学生になってから、学校内では上履きを履くようになり、、靴下と共に上履きもすぐに真っ黒になってしまうので驚きました。

DSC_2128

代謝が良い子どもたちは、一日でコップ1杯くらいの汗を足の裏から出しているようです。

それに校舎の汚れや体の脂分もありますので、すぐに上履きが汚くなるのは仕方がないことかもしれません。

娘の小学校は指定の上履きはなく、基本的に白ければ大丈夫です。

うちの娘は足の甲が広いので、イフミーの上履きを新学期に2足準備して、交互に洗って持って行かせています。

2足あると、冬場の乾きが悪いときに安心ですし、急な行事ごとに対応するため、上履きが予備にあると便利です。

土曜日の行事など、小学校の児童玄関が使用できない時、体育館に直接上履き持参で参加できます。

小学生の上履きの洗い方 お湯で洗ってから洗剤を

上履きはイフミーの22cmです。白いところがだいぶ汚れていますね。

DSC_2129

イフミーは中敷きがはずせるタイプで、中敷きだけ洗濯機で洗うこともありますが、今回は一緒に洗うところを紹介します。

使う洗剤はエネロクリーンです。クリーニング店で泥汚れに強いとすすめられて購入しました。540円ほどだったと思います。

DSC_2131

まず、上履きから中敷きをはずして、お湯につけて全体の汚れをブラシで落とします。お湯は風呂の残り湯でかまいません。

エネロクリーンを全体にすりつけます。

DSC_2177

再び、泡が出てくるまでブラシでよく洗いましょう。中敷きも同様に洗います。

DSC_2182

小学生の上履きの洗い方 つけおきが効果的

しっかりブラシで洗剤が泡だったら、お湯をバケツ張って、つけおきしましょう。最低でも1時間は置いておきます。

DSC_2186

最後にバケツにきれいな水を張りブラシでよくすすぎます。泡が出なくなるまで水をかえてすすぎましょう。

すすぎが足りないと洗剤分が残って黄ばみの原因になります。

すすぎ終えたら脱水だけは洗濯機で1分くらいかけておくと、水がよく切れます。

中敷きはピンチにかけて干し、靴は新聞紙などを敷いたところで陰干しします。

さて、仕上がりはどうでしょう。新品同様とはいきませんが、においも取れてさっぱりした感じで履きごこちがよさそうです。

DSC_2204

まとめ

上履きをぬらして洗剤をつけてから、洗濯機で洗うやり方もあるようですが、音もすごいし、洗濯機の中が汚れそうな感じもします。

バケツ、ブラシ、お湯を使って洗剤でゴシゴシしてから、つけおき洗いをおすすめします。

お子さんに2週間に1度は上履きを持って帰るようお願いしておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-小学校
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベルマークって小学校で集めてますか どの商品についてるの

娘の小学校から「ベルマーク収集のお願い」というプリントが配布されました。私が子どもの頃も集めていましたが、以前よりは見かけなくなったような気がします。昔からありますが、ベルマークってどういう仕組みにな …

小学生になったら学童保育かも 学童保育ってどんな場所?

核家族化がすすみ、共稼ぎが多い最近の家庭事情では、お子さんが小学校に入学したら、放課後は「学童保育」を検討しているご家庭も多いかと思います。 最近の学童保育はどんな事情なのか調べて見ました。 関連

小学校の親睦会のご案内 最初のママランチには是非参加して

お子さんが小学校に入学・・PTA役員も決まると4月半ば過ぎには学校から「学級親睦会」の案内のプリントが配布されると思います。 最初の1年生の学級親睦会、いわゆるPTA主催のママランチですが、これは是非 …

小学校の自転車教室 まだ乗れない子供は練習のチャンスです

小学校の新学期、2年生か3年生の春先に自転車教室が開催されます。これは町中を安全に自転車を運転できるよう、交通ルールを子供に教える授業なのですが、まだ自転車に乗れないお子さんは練習のチャンスです。うち …

小学校入学前のお子さんの生活準備 和式トイレは大丈夫?

「4月から1年生になるんだ!」春からはワクワクの1年生、うれしいですね。 幼稚園、保育園の年長のお子さんがいるお宅では小学校への準備で忙しいことでしょう。ランドセルや文房具などの準備もありますが、生活 …

サイト内検索はこちら