健康

みかんを食べ過ぎて手が黄色 これって病気?適量はどれくらい

投稿日:

冬はこたつに入りみかんを食べながら、だらだらテレビを見ているのは楽しいものです。

しかし調子に乗って食べ過ぎるといつの間にか手のひらが黄色くなっていることがありますね。

みかんをたくさん食べるとどうして手が黄色くなるのか、これは病気のサインなのでしょうか。

みかんで手を黄色くする栄養素とはどんなもの

みかんはビタミンCや食物繊維、ポリフェノールなどの栄養がありますが、みかんを食べて、手を黄色くする栄養素はカロテノイド色素の一種で

βークリプトサンチン(ベータクリプトサンチン)というものです。

皆さんがよく食べる温州ミカンには100gあたり2000マイクログラムも含まれています。体内に取り込まれると肝臓でビタミンAに変換され、体の機能維持に効果があります。

βークリプトサンチンは、にんじんなどに含まれるβーカロチンの仲間で、肝臓を正常に働かせる効果があります。動脈硬化や糖尿病になどの成人病も防いでくれます。

みかんの他には唐辛子やパプリカにβークリプトサンチンが含まれていますが、100gあたりの含有量はみかんがダントツです。

みかんを食べ過ぎるとどうして手が黄色くなるのか

それでは、みかんを食べ過ぎる、βークリプトサンチンをたくさんとるとどうして手や足の平が黄色くなるのでしょうか。

みかんやにんじんなどの食べ過ぎで手足が黄色くなるのは病気ではありません。

これは柑皮症(かんぴしょう)という名前がついています。

ただ、1日にみかんを3~4個くらい食べただけで1ヶ月以上も黄色くなる柑皮症の症状が出る方もいます。これはもしかすると病気のサインかもしれません。

普通の量のみかんを食べた場合、βークリプトサンチンは肝臓に集められ、ビタミンAに変換されて、血液から体中に行き渡ります。

肝臓が弱っているときにみかんを食べた場合、βークリプトサンチンをビタミンAに変換する力が弱まり、βークリプトサンチンが直接、血液に入っていって流れていきます。このβークリプトサンチンが手のひらを黄色く見せる原因なんです。

みかんを大量に食べたときにもβークリプトサンチンが血液に流れ込んでしまいますが、この場合は食べる量を控えるだけで、手のひらが黄色くなるのは消えてしまうので問題ありません。

みかんをそんなに食べていないのに手が黄色く 肝臓に問題が

手のひらや足の裏が黄色くなるだけの柑皮症なんですが・・

普通の量のみかんしか食べていないのに、手の平が黄色くなる柑皮症の症状が長引く場合は肝臓の機能が弱っている場合があるのです。

肝臓の機能が低下していると、肝炎の可能性が疑われます。そうなると血糖値を安定させるインシュリンの分泌異常も考えられ、糖尿病の可能性もあります。

βークリプトサンチンは血液中の脂肪酸とくっつきやすい性質があります。

血液中の脂肪酸が多い人ほど手のひらや足の裏が黄色くなりやすいのです。この場合は脂質異常症の場合があります。

そんなにみかんを食べていないのに手のひらが黄色くなる・・いろいろな成人病の前触れとも考えられますので、甘く見ずに病院で検査を受けて下さい。

まとめ

色白で色素が薄い人は手が黄色くなる柑皮症の症状が出やすいようです。顔にまで出る方もいます。

みかんの食べ過ぎ・・10個くらい食べてしまうと体を冷やすし、下痢の原因にもなります。

1日に3~4個までなら問題ありませんので、冬のビタミン補給にみかんを食べるようにしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-健康
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マスクをかけていると耳が痛い 痛くならないマスクはないの

子どもがインフルエンザになって、家の中でもずーっとマスクをかけさせています。世話する母の私も同様です。 安い紙製の使い捨てマスクなのですが、長時間かけていると耳の上のゴムが当たるところが痛くなってきま …

インフルエンザの予防接種は本当に効果があるの?必要性は?

私が小学生の頃(今から40年近く前ですが)学校で10月くらいに当たり前のようにインフルエンザの予防注射をしていました。 1990年代後半くらいから、インフルエンザのワクチンそのものにいろいろアレルギー …

子供が薬の錠剤が飲めない!のどにつかえる錠剤の飲ませ方

うちには小学生の娘がいます。保育園に未満児で入園したばかりの頃は、しょっちゅう小児科にお世話になっていましたが。困っていたのはその頃から薬を飲ませること。粉薬が処方されていましたが、薬は苦くて飲むのを …

ノロウィルスに異変した新型が出現 今年の冬は大流行する?

寒くなると流行ってくる食中毒と感染性胃腸炎・・・それはノロウィルスに感染したのが原因かもしれません。今年はノロウィルスの大流行の兆しがるようです。新型のノロウィルスが登場して恐れられています。 腹痛、 …

熱中症と似ている症状のこわい病気・・それは脳梗塞かも

梅雨が明けてじりじりした暑さが続くと熱中症で救急搬送される患者が急増します。熱中症は夏の暑さで脱水症状がおき、適切な冷房や水分補給などを怠るとめまいや頭痛などの症状が出て、失神状態になり手遅れになると …

サイト内検索はこちら