ぽちさんのひとりごと

気になる事柄をいろいろつぶやいてます

自転車がパンク? 自転車の出張修理をお願いしてみました

      2015/09/04

春になり自転車に乗るには良い季節になりました。久々に自転車のタイヤに空気を入れて、出かけようと思ったら・・・。どうも前輪に空気がうまく入りません。パンクしたかな?と思い、自転車の出張修理をお願いしてみました。

スポンサードリンク

自転車の前輪に空気を入れても、すぐ漏れる 自転車の出張修理を探しました

自転車前輪の空気入れのゴムを外して、ポンプで押し込むと空気は入るのですが、ポンプのノズルを外すと、シューっとほとんど漏れてしまい、タイヤがぺったんこになってしまいます。

これは空気入れの部品が壊れているか、その周辺がパンクしているかどちらかとは思いましたが、我が家からは自転車屋は遠いんです。

DSC_1448

自転車は車には積めない大きさですし、自転車屋まで引きずって持って行くのも大変そうです。

インターネットで検索して自転車の出張修理をお願いすることにしました。

朝9時頃、その携帯電話に連絡すると

「今日は11時から12時の間くらいにうかがえそうです。」

との元気な声で返事がもらえました。料金も1000円からでそんなに高くなさそうです。

まずは自転車タイヤの空気入れが 点検したらブレーキも壊れていた!

その名も「動く自転車屋さん」は軽ワゴン車にたくさん道具を積んで到着しました。

DSC_1460

私の自転車をワゴン車の中に入れて前輪のタイヤを見てくれました。

やはり、タイヤの空気を入れる場所の部品、特に空気を出さないようにするゴムの部分が劣化していました。

DSC_01449

これを新しい部品にかえれば、ほぼ治りそうですが、念のため前輪のタイヤにパンクがないかチェックしてくれました。

DSC_1451

タイヤから中のチューブを外して、空気をつめます。小さな水入れの中に先ほどのチューブを通して、パンクしている箇所がないか調べます。パンクしていれば穴から空気が漏れてくるのですぐわかるそうです。

DSC_1458

幸い、前輪のタイヤはパンクしていないようでした。軽自動車からコンパクトに台やら修理道具が出てきて、手際よく作業が進むので感心しました。

スポンサードリンク

DSC_1463

後輪のタイヤ空気入れの所の部品もやや劣化していたので替えてもらいました。

だいたいの修理が終わって、自転車屋さんがブレーキの効きなど調べてくれたら、左ブレーキのワイヤーが切れてしまいました。

DSC_1468

「これはさびていて、前からやばかったみたいですね。今、気づいて良かったです。」

DSC_1476

もちろんこちらも新しいワイヤーを出してきて、長さを調整しててきぱきと取り替えてくれました。ブレーキが効かなかったら大変です。自転車の出張修理をお願いして良かったと思いました。

最後に自転車全体を点検、自転車修理の代金は?出張料は?

もう一度、点検して自転車に乗ってくれました。今度は大丈夫のようです。鍵やブレーキの所など動くところに自転車用の油を差してくれたので使いやすくなりました。

DSC_1480

お値段を聞いてみると

「タイヤの部品にブレーキのワイヤーもなおしましたので、2000円いただきます。」

3000円くらいはするかなと思っていたので、安いと感じました。どんな簡単な修理でも1000円からで引き受けているようです。

1486

ここまでなおして点検していただいてざっと30分くらいで終了です。手際の良さにも驚きました。

出張はどこへ出かけたのが1番遠かったですかと聞いてみたところ

「岩手県です。東北大震災で、あちらの方の自転車屋さんが被災してしまい、ボランティアで行ってきました。」

ますます、動く自転車屋さんのファンになってしまいました。

まとめ

10年以上前に買った自転車ですので、普通だったら買いかえる所なんでしょうけど、ちょっとなおせば使えるような・・・。

自転車屋さんは昔は近所にあって、持って行って修理したものですが、なかなかそうはいかなくなりました。

こんな自転車の出張修理をしてくれるところがあなたのお住まいのお近くにあると便利でいいですね。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

 - 生活 ,