生活

洗濯のコツ Yシャツの襟汚れを落とす 汗のにおいを消す方法

投稿日:

eriyogore
汗をかく時期になると家族の洗濯物が増えますね。毎日着ている白いYシャツやブラウスの襟元や、スポーツウエアの汗のにおいなんかはすごく気になります。

毎日の洗濯に少し手を加えるだけで洗濯物がきれいに仕上がるコツを紹介します。

スポンサードリンク

洗濯のコツ Yシャツやブラウスの襟汚れ、黄ばみ黒ずみには

サラリーマンのお父さんのYシャツの襟元や娘さんの制服のブラウスの襟元など・・・毎日汗をかく時期にはどうしても黒ずんできたり、黄ばんできたりしますね。

しかし洗濯は毎日のこと、そうそうつけ置き洗いとか手間のかかることはできません。

襟元の黒ずみや黄ばみは人間の皮脂と汚れが混ざってしまって付着したモノです。汗や汗腺から出ている油が主成分なんです。

そうなると、1番その汚れ成分に近い洗剤は皮脂成分に近い弱アルカリ製の油からできた固形石けんとなります。

有名な石けんで水色の「ウタマロ」というのがありますね。この石けんでも良いし、体を洗う普通の固形石けんでも大丈夫です。

このような襟元の皮脂汚れが良く落ちる水の温度は40度くらいです。

しかし洗濯機に大量に40度のお湯を湧かして貯めるのは燃料のムダですし、他の洗濯物は汚れは落ちてもがさがさになってしまうでしょう。

私のおすすめの襟汚れの落とし方は

・古歯ブラシ、固形石けん、たらい1杯くらいの40度のお湯を用意する。

・シャツの襟元を、お湯でぬらして、汚れている所に固形石けんをすりこむ。

・古歯ブラシをあてて、泡立てながら汚れを石けん分に溶かしてかき出す。

・汚れが浮き出てきたら、たらいのお湯で襟元だけ手でもみ洗いする。

その後は他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗えばオッケーです。

固形石けんが襟元の皮脂汚れの成分と近いので40度くらいのお湯で温めながらなじませるとよく落ちるのです。

スポンサードリンク

洗濯のコツ 汗のにおいと汚れを落とす方法は

お子さんの体操着やスポーツウエアの汗のにおい・・。洗濯してもスッキリ落ちなくて気になることがあります。

これは汗そのものがにおっているわけではなく、汗に含まれているタンパク質や皮脂に雑菌がついて繁殖してにおいが発生しているんです。

暑い時期に汗のついた衣類を洗濯かごなどに長時間入れておくと水分と温度で雑菌がどんどん繁殖してますますにおいがひどくなってしまいます。

布の内部で雑菌が増殖していくので時間が立てば立つほどにおいも汚れも落ちにくくなります。

汗をかく時期には洗濯物は貯めないで毎日洗濯するようにこころがけましょう。

洗濯物の汗のにおいと汚れを効果的に落とすには

粉末洗剤+クエン酸の組み合わせが良いです。

暑い時期の洗濯物は汗などのアンモニア臭がかなり付着しています。

酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れを中性化してにおいの除去にかなりの効果があります。

最近は液体洗剤に押され気味の粉末洗剤ですが、洗濯物の泥汚れや食べ物、飲み物のシミなどは、ほとんどが酸性成分です。

弱アルカリ製の粉末洗剤の汚れ落とし効果は中性の液体洗剤よりも強力でガンコな汚れもバッチリきれいになります。

粉末洗剤(洗濯ものの量で調節)とクエン酸を水10リットルに1gくらいの割合で40度くらいのお湯で溶かしてから洗濯機で洗うと良いでしょう。

水50リットル使用の洗濯の場合

クエン酸・・・小さじ1杯

粉末洗剤・・・箱に入っているスプーンすり切り1杯(50gくらい)

これをたらいに40度のお湯を入れて溶かしてから一緒に洗濯機で洗いましょう粉末洗剤とクエン酸のW効果で汚れもにおいもスッキリ落ちて気持ちいいですよ。

布にごわつきは残りますので、柔軟剤は忘れずに入れましょう。

あとがき

普段おうちにある洗剤で時間をかけずに、襟汚れや汗のにおいをとる方法を紹介しました。

クエン酸は100均ショップのお掃除コーナーなどに少量売っています。

トイレ掃除などアンモニア臭が強い場所のお掃除にも使えるので、ホームセンターかドラックストアで大きめを買っても良いかもしれません。

ちょっとひと手間で汚れやにおいの悩みが解消しますので、試してみてください。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-生活
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

じゃがいものプランター栽培 花は?どれくらい収穫できた?

スポンサードリンク 変わった品種のじゃがいもを4月からプランターで育てていました。黄色いインカのめざめと赤いノーザンルビーです。 さて芽かきや増し土も無事に終え、3ヶ月ほど経過して、収穫の時期となりま …

葬儀を自宅で行った体験談 昔の葬儀は自宅が当たり前だった

最近の葬儀は密葬や家族葬などシンプルなスタイルが主流のようです。昔の話で恐縮ですが、私が人生最初に葬式を経験したのが、今から40年ほど前、小学校6年生の頃です。 自宅で祖父が亡くなったときに、自宅を会 …

低温やけどとはどんな症状? 普通のやけどと、どう違うの

「低温やけど」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 体温より少し高めの温度でも長時間皮膚に触れることによって、できる火傷のことです。 スポンサードリンク 寒い季節になり心地よいと思う暖かさでも、長 …

秋植えのじゃがいもを全部収穫してみました 何個採れたかな

スポンサードリンク 9月頭から、プランターでじゃがいも栽培をしていました。品種は普通のデジマと赤いじゃがいものアンデス赤の2種類です。 種芋はそれぞれ3個ずつ植えたのですが、先週1月22日にやっと種芋 …

猫はこたつでまるくなる・・・低温やけどにはならないの?

スポンサードリンク 寒くなるとこたつはありがたい暖房器具です。気持ちよくてウトウトこたつで寝てしまうこともあります。 しかし恐ろしいことにいつの間にか低温やけどになっていたなんてことがあります。 こた …

サイト内検索はこちら