健康

インフルエンザの集団予防接種 どうしてやめてしまったのか

投稿日:

早くもインフルエンザのワクチンが今年は足りないとニュースになっています。なんだか予測していた型の培養に失敗して、急遽、香港なにがし型に切り替えたとかで、ワクチンの生産が間に合わないのだとか。

そんなので効くのかなとか不安になりますが、私が小学生の頃は秋になると学校でインフルエンザの集団予防接種があったんです。もちろん、無料です。子ども達にはイヤな行事でしたが、仕方がないことだと思ってました。

あの小学生の集団予防接種、いつから始まってどうしてなくなったのか?ちょっと気になって調べて見ました。

インフルエンザの集団予防接種 いつから始まったの

日本では戦後、1948年に予防接種法が制定され、対象疾患として、

痘瘡、ジフテリア、腸チフス、パラチフス、発疹チフス、コレラ、百日咳、結核、ペスト、猩紅熱、インフルエンザ、ワイル病

この12疾患に予防接種を勧めるという法律ができました。すでにインフルエンザは入っていますね。

1962年にはインフルエンザワクチンの集団接種が始まります。

1976年には予防接種法が改正され、インフルエンザの予防接種は本格的に義務化されました。小学生から中学生まで全国でインフルエンザの集団予防接種が行われました。

インフルエンザは毎年変異するウィルスと言われています。そのため免疫力の低い14才未満の子供が一番感染率が高いのです。

この14才未満の子ども達に集団予防接種をすれば家庭にインフルエンザを持ち込まない、会社にインフルエンザを持ち込まない、ひいては社会全体のウィルスが減るので大型流行を防ぐことができるという考えで、集団予防接種が本格化したと言われています。

私自身の思い出では、小学校時代は毎年秋口にはインフルエンザの注射をする日があり、お医者様に並んで一人ずつ受けた記憶があります。

その後、私自身は中学校から30代後半まではインフルエンザの予防接種は全く受けなくなりました。

インフルエンザに予防接種は効かない?副作用がある?

1980年代になると、「インフルエンザの予防接種は効果がない」という考え方が発表され、注目をあびます。

インフルエンザのワクチンは血液に抗体ができますが、インフルエンザのウィルスは実際には鼻やのどの粘膜から入り込んで発症します。

血液に抗体ができても意味はなく、症状が重症化するのを防ぐしか効果がないとも言われています。

インフルエンザのウィルスは毎年、変異しますので流行を予測した型でないウィルスに感染した場合はインフルエンザにかかってしまいます。

インフルエンザのワクチンは元々副作用もあります。

有名なところでは注射の針を入れた所に赤い湿疹ができ大きく晴れ上がります。こういうのは2~3日で収まりますが、発熱、頭痛、体のだるさなどを感じることがあります。

ワクチンを作るのに卵の白身を使っていますので、卵アレルギーのある方も要注意です。中には呼吸困難などのアナフィラキシーショックを引き起こす子供もいました。

このようなインフルエンザの予防接種についての悪評をマスコミがとりあげ、厚生省も事態を重くみて1987年から勧奨接種(義務でなくなる)になり、1994年には法律が改正されて集団予防接種は中止に追い込まれました。

インフルエンザワクチンを打たない方が良いという話も

ワクチンは元々、病気の元のウィルスの効果を弱めたもので、ほんの少し体に埋め込むことで病気に関する抗体を作って、病気にならないようにするという考え方です。

しかしインフルエンザは毎年変異する・・・。そのために毎年インフルエンザの抗体を作るには毎年違う種類のウィルスを体に埋め込んでいるわけです。他の結核やポリオのワクチンのように一回摂取すれば大丈夫とはいかないのです。

インフルエンザのワクチンにはウィルスが体内で活動しないように、ホルマリンが使われています。ホルマリンは防腐剤や接着剤に使われている揮発性の臭いがツーンとくるタイプの薬品で発がん性も認められています。

このようなワクチンを毎年体に埋め込んで、インフルエンザの重傷化は防げても、他に体に重篤な副作用が出てくるのではと危惧して警告をならすお医者様もいます。

任意接種となると1回のインフルエンザの予防注射に4000円くらいの費用がかかります。2回目は3000円で安くといっても・・。お子さんがたくさんいる場合は痛い出費ですね。

あとがき

子供でも大人でも普段健康な人の場合は、インフルエンザに感染しても高熱で一週間くらい寝込むだけで、重症化する、死亡例があるというのはあまり聞きません。

実は我が家は昨年、娘が小学校5年生になってから、インフルエンザの予防接種は受けていません。その前の年に親子三人が全員で予防接種を受けたのに、三人ともインフルエンザに感染して寝込みました。

重篤化はしていないのかもしれないのですが、やはり予防接種は効かないのかなと感じたしだいです。

もしかすると娘が高校受験の年には受けさすかもしれませんが、それ以外はまぁいいかなと思っています。

集団予防接種の方が良かったという説もあるようですので、どうしてインフルエンザの予防接種が任意接種になったのか、ご自分で判断されたら良いのではと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-健康
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

風邪のときに葛根湯・・・どのように飲めば効くでしょうか

風邪を引いたとき漢方薬で有名なのは「葛根湯」ですね。ドラッグストアにドリンク剤タイプや粉薬などいろいろ種類が並んでいます。テレビの情報番組でも西洋医学の先生が万能薬のように紹介していたので、気になりま …

みかんを食べ過ぎて手が黄色 これって病気?適量はどれくらい

冬はこたつに入りみかんを食べながら、だらだらテレビを見ているのは楽しいものです。 しかし調子に乗って食べ過ぎるといつの間にか手のひらが黄色くなっていることがありますね。 みかんをたくさん食べるとどうし …

風邪で熱がでた!お風呂に入るのはダメ?汗をかいた方が良いの

風邪を引いて熱が出てきたとき・・早く治したいけど、風邪に関しては昔からいろいろなことが言われていますね。 迷信なのかどうなのかわからないですが、風邪を引いて熱が出てきたとき・・ お風呂に入るのはダメな …

大人の喘息が増えている 長く続くその咳は咳喘息かも

寒くなるころには風邪で、季節の変わり目にもアレルギーで鼻水や咳が出ることがあります。 風邪の熱が下がり、鼻水も止まったのに、咳だけだらだら残っていること、ありませんか? それ、もしかして大人の喘息の始 …

慢性中耳炎で鼓膜に穴が 大人の慢性中耳炎の原因と治療法

中耳炎は鼓膜の奥の部分に細菌やウィルスが感染して炎症が起き、膿や水がたまる病気です。膿がたまると鼓膜を圧迫してすごく痛みが有り、急性中耳炎となります。 私も子どもの頃、よくかかって耳鼻科に通った覚えが …

サイト内検索はこちら