料理レシピ

牡蠣のオイル漬け プリプリの牡蠣はうまみたっぷり

投稿日:

冬は牡蠣が美味しい季節ですね。生牡蠣やお鍋も良いですが、牡蠣のオイル漬けはいかがでしょうか。

プリプリした牡蠣をオリーブオイルにつければ、おつまみにパスタにレパートリーが広がります。

牡蠣のオイル漬け 加熱用の牡蠣を海水の塩水でしっかり洗う

牡蠣のオイル漬けは生食用よりも加熱用を使いましょう。実はどちらも鮮度は同じなのですが、生食用の方が過熱用よりよく洗浄してあるのです。加熱用の牡蠣の方が、うまみやミネラルがたくさん残っていておすすめです。

材料

牡蠣(加熱用)450g~500g

オイスターソース・・・大さじ1

赤唐辛子・・・2本

ローリエ・・・2枚

ニンニク・・・2かけ(半分に切って潰す)

オリーブオイル・・・150ccくらい(ビンで牡蠣が浸る量)

洗浄用塩水

真水500ccに塩大さじ1杯×2~3セット

まずは牡蠣を洗う塩水を用意します。水500ccに塩大さじ1で3%の塩分です。ここはしっかり計ってつくりましょう。

牡蠣を塩水に入れて振り洗いします。水に黒い小さな汚れが出てくると思います。

牡蠣をひとつずつ網でとりだして、もう1~2度新しい塩水で洗って汚れをしっかりとります。

海水濃度の塩水で洗うことで牡蠣の中の水分が抜けるのを防ぎ、うまみが残るんです。

きれいになった牡蠣をペーパータオルで挟んで抑えて水気を切ります。この行程も2~3回繰り返して丁寧にやりましょう。

正直、牡蠣のオイル漬けで面倒なのは塩水での振り洗いとペーパータオルでの水気取りだけかもしれません。ここさえ抑えて丁寧にやれば美味しい牡蠣が食べられますよ。

牡蠣のオイル漬けは 牡蠣とオイスターソースのうまみが

フライパンにオリーブ油を大さじ1ほど入れて、牡蠣を重ならないように並べて、火をつけます。火加減はやや強火にに。

途中でひっくり返しながら水分をしっかり飛ばしていきます。

牡蠣の周りの水分の泡が収まってきたら、オイスターソースを入れます。牡蠣のうまみとオイスターソースの2つのうまみが融合します。焦げないように中火で煮詰めていきます。

良いところでお皿に取り出して冷ましましょう。

牡蠣はオリーブオイルとニンニクでイタリアンに仕上げる

広口瓶などの保存容器に牡蠣を入れて、ニンニク、ローリエ、赤唐辛子も加えます。牡蠣が全体にしっかり浸るようにオリーブオイルを注ぎます。

フタをして冷蔵庫で保存します。オイルをごま油に替える、黒コショウやコリアンダー粒などのスパイスを入れても変化が出ておいしいですよ。

これは冷蔵庫に入れて二日目です。もう食べられるのですが、一週間くらいが味が濃厚になるのでおすすめです。作ってから10日くらいで食べきるのが良いでしょう。

まとめ

まずはそのまま、ワインやビールのおつまみに牡蠣のオイル漬けは最高です。レタスや生キャベツを添えてもよいでしょう。

細かく刻んでオイルも利用して、パスタやチャーハンもいけます。

ピザに載せたり、炊き込みご飯にしてもばっちりです。

でも我が家の場合、10日も経たずに、ちまちまつまんで食べてなくなっちゃいますね。

バレンタインデーのごちそうに「牡蠣のオイル漬け」おすすめですよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

焼きそばを大盛りにおいしく作るコツは 袋麺をレンジでチン

子どもが休みに入ったり、日曜日の昼食に手軽に作れるメニューに焼きそばがあります。我が家は蒸した袋麺で粉のソースがついたタイプを良く買います。 作り方には麺を入れたら、お水を少々入れて蒸し上げて麺をほぐ …

水キムチの作り方を紹介 大根でおいしい水キムチに挑戦

ローフードを意識していろいろ食べていますが、韓国の水キムチもいつも冷蔵庫に作って入れてあります。今日は旬の大根で辛くない、植物性乳酸菌たっぷりの水キムチの作り方を紹介します。 関連

スープジャーのお弁当用レシピ トマトのみそ汁 もずく酢で!

寒い時期、お弁当に暖かいスープがついているとうれしいものです。いつも冷蔵庫に入っている材料で忙しい朝に簡単にできるレシピを紹介します。 お弁当用にスープジャーを作るときの私のとっておきのコツも公開しま …

スープジャーでダイエットお弁当 味噌ラーメンとサンゲタン

主人のお弁当にスープジャーを活用しています。今日はダイエット向けのレシピをふたつ紹介します。あと、ママの簡単ランチもスープジャーでさっと作れますよ。 関連

そろそろおせちに飽きた頃・・リメイク料理やスイーツを

お正月も三が日を過ぎるとおせち料理は飽きてきますね。重箱にも残ってしまったお料理がちらほらあるのではないでしょうか。そんなとき簡単にできるリメイク料理をしらべてみました。 関連

サイト内検索はこちら