料理レシピ

そら豆のおいしい茹で方は どうしてさやごと売っているのか

投稿日:

春になるとそら豆が野菜売り場に登場します。お店でおつまみにそら豆を頼んだりはするのですが、自分で家で食べるのはなんとなく躊躇していました。

でも、この季節にしか食べられませんし、おいしい茹で方を調べてみました。

そら豆の選び方 さやごと売っているわけは

そら豆が近所のスーパーで安く売っていました。この量で108円です。二袋買おうかと思いましたが、実は調理方法が良くわからない・・・。お試しと言うことで一袋買い求めました。

そら豆はさやから豆を出して売っているものもあるのですが、できるだけさや付きのものを買い求めましょう。

理由はそら豆はさやから出すと鮮度がどんどん落ちておいしくなくなるからです。

そら豆はこのさやのふっくらしたベッドの中で湿度や鮮度を保っているんです。

さやから豆を出すと、ぐっと小さくなってしまいましたが。今日の晩酌の突き出しくらいにはちょうど良い量かもしれません。

そら豆はさやごと買う、豆をさやから出したらすぐに調理するというのがポイントです。


そら豆のおいしい茹で方は 塩加減はどんな感じ

さやから豆を出したら、黒い所に軽く包丁で切り込みを入れておきます。

こうすることで後で皮がむきやすくなりますし、この切り込みからゆで汁の塩分が入っていって、しっかりそら豆に味がつきます。

そら豆をゆでる時の塩分は海水くらいがおいしいです。塩分は3%になります。今回はそら豆が少ないので水500ccに大さじ1杯の塩を入れました。

その他にそら豆独特の臭み消しにお酒を大さじ2杯入れます。水1Lの場合はそれぞれ倍量、塩大さじ2杯、酒大さじ4杯入れましょう。

よく沸騰させてからそら豆を入れます。2分から2分半くらいゆでれば大丈夫です。心配なら一粒出して、ちょっと食べてみましょう。

ゆであがったらざるにとって、そのまま冷ますだけです。うちわなどで扇いであげると冷めるのも早いでしょう。

ゆでたら冷水にいれる・・みたいなことはやめておきます。切れ目から水が入ってきて、せっかくの塩分もなくなり、水っぽくなっておいしさ半減です。

あつあつのうちに食卓に出しましょう。ゆでたては青臭い感じもなく、塩加減も良いあんばいでホクホクしておいしかったです。

あとがき

そら豆をゆでて、家族に出したらあっという間になくなりました。また、安いのがでていたら、今度は二袋買おうと思います。

他にも、さやごと魚焼きグリルで焼いて食べる、「焼きそら豆」というやり方もあるようです。こちらは熱々をさやから出して食べると、ホクホクで塩もいらないおいしさのようです。

焼きそら豆も今度試してみたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅干しを簡単に手作り 天日干しだけはしっかりやりましょう

今年は梅の塩漬けと赤しそを同時につけるというやり方で簡単な梅干し作りに挑戦してみました。 梅の状態が悪かったのか少しカビが生えたりもしましたが、なんとか天日干しができるまで漕ぎ着けました。 最後の仕上 …

子どもとスコーンを焼いてみた スコーンミックスだと簡単

小学生の娘がインフルエンザで自宅待機になり、早3日、熱も下がって元気なのにヒマを持て余しています。 以前手に入れた「スコーンミックス」というお菓子の粉がありました。 今日は娘とスコーン作りに挑戦してみ …

鶏手羽先の酢醤油煮 醤油、酢、みりん、酒は1:1:1:1

我が家の鶏手羽先の煮付けは調味料を入れてただ煮込むだけなので簡単です。時間は少々かかりますが、柔らかくてほろほろの手羽先ができあがります。今日は大根と卵もあわせてみました。 我が家の鶏手羽先の酢醤油煮 …

のっぺは新潟の郷土料理 のっぺを正月向けに作ってみました

のっぺという野菜の煮物をご存じでしょうか。里芋を中心にした新潟の郷土料理です。奈良県、熊本県、島根県などでも同様の料理が作られているようです。 新潟の、のっぺの作り方、特に正月向けのやり方を紹介します …

釣った魚を美味しく食べる調理法は?塩焼き、寄せ鍋、お刺身も

うちの主人がオニカサゴ、メバル、キジハタを釣ってきてさばいてくれました。三枚におろしてくれたら、お鍋などに調理するのは私の出番です。 取れたての新鮮なのが美味しいとは限らないこともあるのが、釣り魚の奥 …

サイト内検索はこちら