料理レシピ

そら豆のおいしい茹で方は どうしてさやごと売っているのか

投稿日:

春になるとそら豆が野菜売り場に登場します。お店でおつまみにそら豆を頼んだりはするのですが、自分で家で食べるのはなんとなく躊躇していました。

でも、この季節にしか食べられませんし、おいしい茹で方を調べてみました。

そら豆の選び方 さやごと売っているわけは

そら豆が近所のスーパーで安く売っていました。この量で108円です。二袋買おうかと思いましたが、実は調理方法が良くわからない・・・。お試しと言うことで一袋買い求めました。

そら豆はさやから豆を出して売っているものもあるのですが、できるだけさや付きのものを買い求めましょう。

理由はそら豆はさやから出すと鮮度がどんどん落ちておいしくなくなるからです。

そら豆はこのさやのふっくらしたベッドの中で湿度や鮮度を保っているんです。

さやから豆を出すと、ぐっと小さくなってしまいましたが。今日の晩酌の突き出しくらいにはちょうど良い量かもしれません。

そら豆はさやごと買う、豆をさやから出したらすぐに調理するというのがポイントです。


そら豆のおいしい茹で方は 塩加減はどんな感じ

さやから豆を出したら、黒い所に軽く包丁で切り込みを入れておきます。

こうすることで後で皮がむきやすくなりますし、この切り込みからゆで汁の塩分が入っていって、しっかりそら豆に味がつきます。

そら豆をゆでる時の塩分は海水くらいがおいしいです。塩分は3%になります。今回はそら豆が少ないので水500ccに大さじ1杯の塩を入れました。

その他にそら豆独特の臭み消しにお酒を大さじ2杯入れます。水1Lの場合はそれぞれ倍量、塩大さじ2杯、酒大さじ4杯入れましょう。

よく沸騰させてからそら豆を入れます。2分から2分半くらいゆでれば大丈夫です。心配なら一粒出して、ちょっと食べてみましょう。

ゆであがったらざるにとって、そのまま冷ますだけです。うちわなどで扇いであげると冷めるのも早いでしょう。

ゆでたら冷水にいれる・・みたいなことはやめておきます。切れ目から水が入ってきて、せっかくの塩分もなくなり、水っぽくなっておいしさ半減です。

あつあつのうちに食卓に出しましょう。ゆでたては青臭い感じもなく、塩加減も良いあんばいでホクホクしておいしかったです。

あとがき

そら豆をゆでて、家族に出したらあっという間になくなりました。また、安いのがでていたら、今度は二袋買おうと思います。

他にも、さやごと魚焼きグリルで焼いて食べる、「焼きそら豆」というやり方もあるようです。こちらは熱々をさやから出して食べると、ホクホクで塩もいらないおいしさのようです。

焼きそら豆も今度試してみたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ひな祭り いちごとバナナでぷち人形を作ってみました

ひな祭りのケーキの飾りにどうかなと思い、イチゴ、バナナ、キウィでひな人形を作ってみました。なんだかちょっと失敗気味ですが娘は大喜びでパクリ! おやおや今日のおやつになってしまいました。(^^;) 関連

スープジャーのお弁当用レシピ トマトのみそ汁 もずく酢で!

寒い時期、お弁当に暖かいスープがついているとうれしいものです。いつも冷蔵庫に入っている材料で忙しい朝に簡単にできるレシピを紹介します。 お弁当用にスープジャーを作るときの私のとっておきのコツも公開しま …

酢しょうがの効果はどんな感じ 冷え性やダイエットに効く?

しょうがは最近、健康食品としてブームですが、「酢しょうが」という食べ物は知っていますか?その名の通り、酢としょうが、蜂蜜をあわせてつけ込んだ食べ物です。 酢しょうがによく似たものに、お寿司やさんに置い …

ぶり大根 あらを使って圧力鍋で作ってみたら 簡単でおいしい

冬はぶりの身にあぶらがのっておいしい時期です。刺身や照り焼きも良いですが、私はあらを見つけると大根と炊いてぶり大根を作ります。 圧力鍋を使うとぶり大根は案外簡単で、頭の目の周りの身はホロホロになってお …

土用の丑の日 スーパーのうなぎをふっくらおいしく温める方法は

暑くなってくると食べたくなる「うなぎ」最近はスーパーでもけっこう高くなってきました。でもどうせ食べるなら、ふっくらおいしいうなぎに仕上げてご飯にのせて食べたいですね。 スーパーのうなぎをふっくらおいし …

サイト内検索はこちら