季節の行事

母の日のプレゼント 義理のお母さんにおすすめは何が良い?

投稿日:2015年3月12日 更新日:

母の日のプレゼント・・実の母なら気兼ねなくなんでも聞いてみますけど、お義母さんだと、少し気をつかいます。でもきっとお嫁さんからプレゼントが届くとうれしいと思います。お義母さんのプレゼントにおすすめは何が良いか考えてみました。

まずは定番のカーネーションは、初めて送る場合はおすすめです。最近はブリザーブドフラワーという商品もあります。生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた加工が施されていて、きれいな色をたもったまま飾れます。

080mother_s

額装したブリザーブドフラワーとクッキーなどを組み合わせてあるプレゼントもあります。

お酒が好きなお義母さんなら高級ワインやプレミアムなビールはいかがでしょうか。もちろんすてきなグラスも添えましょう。

普段はちょっと手が出ない高級フルーツも喜ばれます。完熟マンゴーやメロン、甘王などのブランドイチゴなど・・・デパートやフルーツ専門店で探すと間違いないです。

おいしい紅茶の詰め合わせ、抹茶と茶器のセットなども良いですね。

これらは消え物と言われますが、心に残るプレゼントになります。

母の日にちょっと高価な実用品をプレゼントしてみては

普段に使う実用品もデパートで探してブランド物だと、高級感も漂いますし、もらってうれしいプレゼントです。

扇子やハンカチのセット、こちらも女姓らしいブランド物でそろえましょう。

パジャマやバスローブ、エプロンなど・・定番ですが洋服のブランド物だと仕立てがしっかりしています。ワコールのパジャマなども着心地は最高ですよ。

折りたたみ傘・・日よけと兼用の軽い商品が良いでしょう。デパートでは5000円以上するバーバリーなどのブランド物がそろっています。

デザインが良くてカワイイ風呂敷、エコバック、タオル地のスカーフなども良いでしょう。

吉田カバンのバックやコーチのポーチなど・・少し若者向けですがシックな革製品を選ぶと喜んでくれると思います。バックやポーチはあんまりブランド模様が前面に出ていない商品の方が良いかもしれませんね。

母の日に お義母さんにすてきな体験をプレゼント

マッサージや温泉好きのお義母さんには

日帰り温泉、マッサージ付きのチケットなどはどうでしょうか。

最近はエステティック的なスパもありますね。エステティックサロンのチケットなども良いかも。お義母さんにもぜひきれいになってもらいましょう。

グルメなお義母さんには

ホテルの食べ放題コースをプレゼントしてはどうでしょうか。和食がお好きなら寿司券などもおすすめです。

お食事や温泉はお義父さんの分も一緒に用意しましょうね。

あとがき

お義母さんは何が好きかよくわからない・・・できればリサーチすると良いのですが、旦那さんや息子はけっこう無頓着でわからないかも。そんな場合は花やフルーツなどが無難かもしれません。

一番よろこぶのは「赤ちゃんができました!」の報告かもしれません。こればかりは神様の授かり物なので、なかなかうまくいきませんね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-季節の行事
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お盆とはどんな意味があるの いつ、どんな供養をすれば良い?

今年もまたお盆の時期がやってきました。8月11日は「山の日」で祝日となり、お盆休みを満喫している方も多いでしょうか。 お盆はお墓や仏壇がなければ、全国的に里帰りする夏休み・・みたいな捉え方をされていま …

初詣 神社のお参りの仕方 二礼二拍手一礼する理由は

お正月の初詣はもう行かれたでしょうか。子どもの頃は神社の鳥居をくぐって境内に並び、鈴を鳴らしてパンパンっと柏手を打ってお参り。帰りにおみくじを引くのが楽しみでした。 それから大人になり、神殿での結婚式 …

子どもの日の由来 なぜ端午の節句は5月5日になったのでしょう

ゴールデンウィークに必ず入っている「子どもの日」いつも5月5日はなんとなく休みの中の流れのままに過ごしていました。 しかし、どうして5月5日なのか、端午の節句と呼ばれるのはなぜなのか?ちょっと気になっ …

彼岸花 お墓に咲いているのはなぜ 不吉な別名が多い理由は

秋風が吹く頃になるとお墓や田んぼのあぜ道のあたりに彼岸花が一斉に咲き始めます。 ちょうど秋のお彼岸の頃に咲くので彼岸花と呼ばれているのでしょうが、赤くてきれいな花なのに、不吉ないわれも多いし、嫌われて …

敬老の日を祝うのは何歳から?由来や意味はどこからきてるの

今年の敬老の日は9月21日・・・気がつけば50代の私はどちらかというと敬老の日を祝ってもらう方に近づいているような感じがします。 しかし、最近の60代くらいの方はまだまだ元気いっぱい、年寄り扱いされた …

サイト内検索はこちら