料理レシピ

味玉をめんつゆで簡単に 一日つければラーメン屋さんの味に

投稿日:2015年5月30日 更新日:

DSC_1555

ラーメン屋さんでよくある味漬け半熟卵・・・めんつゆで簡単に作ってみました。一日漬けただけですが、けっこう味がしみてておいしかったです。

スポンサードリンク

味玉は卵を常温にもどして 半熟卵をつくりましょう

味玉のためにまずは半熟卵を作りましょう。卵は冷蔵庫から出しておいて常温にもどします。今回は6個用意しました。

520_01

卵のおしりのあたりに画鋲などで小さな穴を空けておくと、ゆでたときにカラが割れにくいです。

100円ショップなどに、卵の穴開け機として小さいのが売っています。

お鍋にお湯を入れて沸騰させます。そこに先ほどに卵を入れて6分ゆでます。

DSC_1499

すぐに冷水にとって冷ましましょう。ここでモタモタしていると固ゆで卵になってしましまいます。

DSC_1502

味玉はめんつゆ+ニンニクチューブで1日漬けます

卵が冷えたら、カラを薄皮まできれいむきます。むく前に卵を固い所に押しつけて全体に細かいヒビをつけると、簡単にするっとむけます。

半熟卵は白身も柔らかいので慎重にカラをむきましょう。今回は薄皮がよくむけず、ひび割れたような卵もありましたが、一緒に漬けてみました。

私はジップロック風の密閉できるビニル袋を用意しました。

半熟卵をビニル袋に6個入れ、

3倍希釈のめんつゆを150cc

にんにくチューブを1cm

DSC_1519

これだけを一緒に入れて、手で外側からもんでめんつゆとにんにくを混ぜ合わせ、お皿に入れて冷蔵庫へ。ちょっと気がついたらひっくり返しておきました。

このやり方だと、下にした卵の平らになっている場所が白くなり、めんつゆがまわりにくいようですが、一日くらい返しながら漬けておくとそう気になりません。

アイラップなどの薄いポリ袋で同様に漬け込み、深めのボール皿などに入れて漬けておく方法もあるようです。

スポンサードリンク

味玉は以外に白身が割れてる方が味シミが効いておいしい

さて、一日漬けて、白身がひび割れているのを試食してみました。ニンニクがきいてラーメン風、味もしみていておいしかったです。

DSC_1555

一週間くらい漬けておくと黄身もとろーっとしてきて、味も黄身までしみていておいしいらしいです。待っていることができる方は挑戦してみてください。

我が家は子どもに見つかるとすぐに食べられてしまいそうです。

他に醤油ラーメンスープの元で1時間漬けるだけ、焼き肉のたれ、ニンニクなしでショウガを入れたり、五香粉を入れたりいろいろアレンジがあります。

塩味の半熟卵も、卵を同じように熱湯から6分ゆでて、水1Lに塩大さじ2杯入れて漬けるとできあがりです。こちらは半日から1日くらいでほどよい塩気になります。

長く漬けるとしょっぱい卵になるのでやめておきましょう。

まとめ

きっとラーメン屋さんでは、自慢の醤油ラーメンのタレで半熟卵をじっくりつけているんでしょうね。

家庭でもでもめんつゆとニンニクチューブで充分おいしい味玉ができますよ。お試しあれ。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

なすと豚肉の味噌炒め ぴりっと山椒でご飯にあうおかずに

夏が近づいてくると、なすやピーマン、トマトなど夏野菜がたくさん出回ってきて食卓を賑わす事でしょう。 スポンサードリンク 我が家で子どもにも大人気、ご飯にもぴったりのなすと豚肉の味噌炒めを紹介します。 …

カレー粉とマサラの違いはどこ?カボチャのマサラ煮の作り方

スポンサードリンク カレーが好きな方なら、ガラムマサラって聞いたことがありますよね。カレーの最後に入れて香りや辛みをひと加えできるスパイスです。 普通の洋風ルーカレーにも使うし、インド風の本格的なカリ …

スープジャーの洗い方 うちの弁当はスープジャーにご飯を

うちの主人の弁当に毎日スープジャーを利用しています。スープだけでなく、ご飯もスープジャーに入れているんですが・・・ スポンサードリンク 私のスープジャーの洗い方を紹介します。 スポンサードリンク 関連

マサマンカレー ロイタイスープと三色じゃがいもで作ってみた

私は暑くなり始めるとココナツミルクのエスニックなカレーが食べたくなります。有名なのがナスが入った強烈に辛いグリーンカレーでしょうか。 スポンサードリンク でもグリーンカレーは辛すぎて子供は苦手みたい・ …

ローストビーフの作り方 オーブンの低温調理で作ってみた

クリスマスやお正月、はたまたお子さんの誕生日のごちそうに思いつく料理にローストビーフがありますね。 スポンサードリンク ただ、牛のお肉をレア気味に仕上げる火加減が難しそうで、自分で作るのは敬遠してまし …

サイト内検索はこちら