生活

車のバンパーに小さいヒビが 自分で補修してみました

投稿日:2015年1月28日 更新日:

DSC_9027

軽自動車で近所の買い物に、娘の習い事にと便利に使っていたのですが・・・駐車場でコンクリートの柱にフロントバンパーを当ててしまいました。

運転には全く支障がないので、できる範囲で自分でなおしてみようと挑戦してみました。

バンパーの補修はタッチアップで・・この車のカラーがなかったんです

雨の日の大型スーパーの立体駐車場で自損事故で、車のバンパー左前に駐車場の柱に軽くこすってしまいました。

日曜日のお昼時で、大混雑、空いたところに慌てて頭から突っ込んだのがいけなかったようです。

ちょっと見はわからないんですが・・
アップで見るとヒビが入ってしまいました。

DSC_9018

近所のイエローハットさんで、この車のタッチアップペン、同じ色を捜しましたが、けっこう古い車なんで同じ色はありませんでした。

「ディラーさんに聞いてみてください。」

ちょっと面倒だと思い、色の番号だけ教えてもらいました。車のボンネットを開けて・・・こんなところに色番号があるんですね。

DSC_9013

私の車のカラーはスズキの「ZCN」という品番でした。

DSC_9014

ネットで検索したら、タッチペンを作ってもらえるところがありました。メール便で2日後には届きました。ムスクブルーという別名がついていました。

光硬化パテでヒビを埋め・・・バンパーのヒビはけっこう大変

傷ではなくてヒビがあったので、タッチペンだけでは不安でした。それで一番小さいサイズの光硬化パテも購入しました。

DSC_9022

あと、ボディの油分やクリーニングに「シリコンオフ」仕上げや細かい擦り傷用にコンパウンドも少し買いました。けっこうな出費ですが、バンパー取り替えとかを思えば仕方ないです。

DSC_9019

ぼろ布を用意してシリコンオフでヒビの周りの油分をとります。そのあとヒビのところに光硬化パテを埋め込みました。

晴天なら20分くらいで固まるそうです。その後はマスキングテープを貼って、コンパウンドで少し平らになるよう磨きました。

その後、上からタッチアップペンで重ね塗りしました。

DSC_9027

ヒビの傷はおかげさまですっかり見えなくなりました。やれやれという感じです。塗料が新しいので、日光で色あせたところとの差がありますが、ご愛敬ということで、勘弁してもらいましょう。

DSC_9038

あとがき

小さなヒビや傷だったのですが、そのままにしておくと、さびてしまったりして痛みがひどくなることがあるそうです。

ちょっと見はなおさなくても良かったかなぁと思ったのですが、自分でできる範囲やってみました。同じ色のタッチペンがあるとちょっとした補修にも便利ですから。

でも、できるだけ運転は慎重にいきたいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-生活
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴミ置き場に正月から不法投棄のゴミが!どう対処すれば?

今年度は町内会の班長になったのですが、年末の忙しい時期にゴミ置き場の掃除当番が私のところに回ってきました。 私の住んでいる地域は燃やすゴミは指定のゴミ袋を買って入れて出さねばならず、有料でゴミ処理をし …

じゃがいもの家庭栽培 春植えの種芋は早めに手にいれよう

去年はじゃがいもの家庭栽培にいろいろ挑戦しました。じゃがいもの種芋は春先の方が品種がいろいろあって楽しいみたいです。 また、じゃがいもの家庭栽培をプランターで春植えして楽しむことにしました。 関連

脇汗の黄ばみの落とし方 いつもの白いシャツをきれいに

毎日着るような制服のブラウスや体操着のシャツ・・・白いシャツの脇のところが黄ばんできていませんか。 脇汗の黄ばみの落とし方を紹介します。 関連

新じゃがでホクホク 無加水鍋で肉じゃがを作ってみました

プランターで秋植えのじゃがいもが収穫できました。このじゃがいもで、無加水鍋を使って肉じゃがを作ってみました。 新じゃがはまだホクホクしていますし、無加水鍋ならうまみを閉じ込めたままおいしい肉じゃががで …

じゃがいものプランター栽培 三色のじゃがいもの生育と花は

4月からノーザンルビー、インカのひとみ、シャドークィーンという、赤黄紫の三色のじゃがいもを育てています。 じゃがいもは種から育てるわけではなく、種芋を使ってわき芽からできるイモを土の中で育てるのが主流 …

サイト内検索はこちら