健康

風邪の引き始めの乾燥対策 マスクを活用して風邪を撃退

投稿日:

寒くなり乾燥した時期になると風邪やインフルエンザが流行ります。エアコンなどの暖房を入れると乾燥が進むので寝室やリビングの加湿しなければと思うのですが。

実はマスクを利用すると風邪の乾燥対策に効果があるみたいですよ。

なぜ乾燥する時期に風邪を引きやすいのでしょうか

冬の寒い時期に風邪やインフルエンザが流行る原因の一つに空気の乾燥があります。

冬になると気温が下がります。気温が低いと空気が水蒸気をため込めなくなっていきます。気温によって水蒸気をため込める量は決まっています。

一般的に気温が高いほど湿度も高く、気温が低いほど湿度も低いのです。

冬の気温が低く、湿度も低い部屋を水蒸気をださないエアコンなどで暖房した場合、もっと湿度も低くなってしまうのです。

風邪やインフルエンザのウィルス、細菌は湿度が低い空気の中は浮遊しやすく部屋の中に舞い上がり、鼻や口から体内に入り込みます。

乾燥した場所では鼻やのどの粘膜も乾燥しがちです。粘膜に潤いがあれば、唾液や鼻水等でウィルスを洗い流すことができますが、乾燥していると粘膜にウィルスがとどまり、抵抗力が弱っている場合は風邪を引きやすくなる・・。ということになるわけです。

風邪予防のためには部屋の乾燥を防ぐ、こまめに水分をとって体内の乾燥も防ぐことが大事になっていきます。

風邪の乾燥対策 加湿器よりもマスクが良い理由

寝室などの乾燥対策でまず思いつくのは「加湿器」の利用でしょう。濡れたバスタイルを室内に干すという方もいるかもしれません。

これらのやり方は確かに部屋全体の湿度を上げてくれるのですが、外が寒い冬では窓に結露ができてしまい、カビの原因になります。

壁にも湿度が吸収されるので、一晩中加湿器を使うようなことはデメリットの方が大きいのです。

風邪予防や引き始めなどの乾燥対策におすすめの方法はマスクをしたまま寝ることです。

風邪を引いたときはマスクをつけるかと思いますが、夜もマスクをつけて寝てみましょう。

マスクの内側はその種類や装着方法によりますが、60~80%の非常に高い湿度になり、+保湿効果でのどの免疫力アップにつながり風邪が早く治ります。

普通に昼のみマスクをつけていても4日くらいで半数の方が風邪が治りますが、昼夜マスクをつけた場合は4日目で8割の方が風邪が治っていきます。

のどや鼻をピンポイントで加湿できるので効果が高いのです。

まとめ

風邪を引いていなくてもマスクをすると防寒効果が高くて温かく過ごせます。

マスクは風邪やウィルスを巻きちらすのを防ぐと同時に、のどや鼻の湿気を保ち、風邪が悪くなるのを防いでくれているのです。

ちょっと風邪気味かなと思ったら、昼も夜、寝るときもマスクをすると覚えておいて下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-健康
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

抜歯した後の注意点 痛み止め、食事、やってはいけないこと

最近歯を抜いたことがありますか?お子さんなら乳歯、大人でしたら親知らずが曲がって生えていた場合、抜くことがありますね。 私は右上の奥歯が虫歯で抜いたことがあります。 抜歯は麻酔をかけてやりますが、出血 …

擦り傷を早く治すにはどうする 消毒してから絆創膏はダメ?

私が小さい頃、転んでケガをすると、真っ赤な消毒液(ヨードチンキ)を塗られて、乾かしてからガーゼを当てて包帯をする・・。みたいな感じでした。 消毒液が透明になり、ガーゼと包帯が絆創膏になったりしましたが …

インフルエンザにかかったときの対処方 家族にうつさないように

じーんと寒くなってくると気になります、インフルエンザが。娘の小学校でもクラスで2人くらい休んでいるそうです。子供のいない頃はそう気になりませんでしたが、予防注射もしているのに、かかってしまうことのある …

大人の喘息が増えている 長く続くその咳は咳喘息かも

寒くなるころには風邪で、季節の変わり目にもアレルギーで鼻水や咳が出ることがあります。 風邪の熱が下がり、鼻水も止まったのに、咳だけだらだら残っていること、ありませんか? それ、もしかして大人の喘息の始 …

歯が抜けないよう 歯の寿命を延ばすための注意点や食事法は

人は口から老いる・・このことは医学会のキーワードになっているそうです。80歳以上で元気なお年寄りは歯が20本以上残っている方が多いのも事実です。 いつまでも自分の歯でおいしくご飯を食べたいものです。 …

サイト内検索はこちら