料理レシピ

ゴーヤの苦みを抑えて ゴーヤとイカの夏サラダはいかが

投稿日:

ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプルーを思い浮かべますが、イカやパプリカを利用した、色鮮やかな、ゴーヤの夏サラダを紹介します。

スポンサードリンク

ゴーヤの苦みを取る方法は 私はこうしています

このサラダの材料はゴーヤ、パプリカ、イカです。夏前くらいはかなりお安くスーパーで買えます。

DSC_2235

まずはゴーヤの下処理から始めましょう。

ゴーヤには独特の苦みがありますが、これが全然ないとまたゴーヤのおいしさも半減する気もします。

今回はサラダなんで、ゴーヤの苦みを抑える私のやり方も紹介します。

ゴーヤは縦に半分に割って、スプーンなどで中のワタを取り除きます。

DSC_2236

薄くスライスして、ボールに入れ塩を小さじ1杯ほど入れて、よく手で揉み込みます。そのまま10分くらいおいておきます。

DSC_2238

そうすると中の水分がだいぶ出てきますので、これをよく絞って捨ててから、また真水を入れて、30分はさらしておきましょう。

DSC_2240

こうして水切りしたゴーヤはかなり苦みがマイルドになっています。このままゴーヤチャンプルなどの炒め物にも使えます。

DSC_2241

苦みが好きな方はこの行程ははぶいてもかまいません。

スポンサードリンク

イカは下処理をして、短冊に切りさっと湯がいておきます。詳しくはこのページを参考にしてください。

イカの下ごしらえを簡単に 私のやり方を紹介します

ゴーヤとパプリカをさっとゆでて 冷水に

赤パプリカも縦に細切りにしておきます。ゴーヤと同じくらいの厚さに切ると良いでしょう。

水切りしたゴーヤとパプリカをボールなどに合わせておきます。

鍋にお湯を沸かし、あとでゴーヤとパプリカを冷やしますので、真水に氷を張った氷水も準備しておきます。

お湯が沸いたら、ゴーヤとパプリカを鍋に入れ、再び沸騰したら10秒数えて火を止めます。

DSC_2289

すぐにお湯を切り、先ほどの氷水に入れて、一気に冷まします。これで野菜の色がぐっと良くなります。

DSC_2291

冷たくなったらザルに入れて水切りします。

ゴーヤとイカの夏サラダ 醤油とわさびで大人の味に

サラダの味付けは

油 大さじ2

醤油 大さじ2

酢 大さじ2

油、醤油、酢の割合は 1:1:1で和風ドレッシング風で大人の味に。

わさび チューブなら2cmくらい おろしわさびは小さじ1

DSC_2286

これらをボールにあわせてよく混ぜておきます。

油は今回はえごま油を使いましたが、太白ごま油やオリーブ油でもおいしいです。

先ほどのゴーヤとパプリカ、イカをあえてできあがりです。

DSC_2294

色鮮やかでちょっぴり苦い、おいしいおつまみができました。イカはたこなどに替えても良いです。

まとめ

ゴーヤはさっとゆでて、おひたし風にしたり、塩もみして水にさらしただけで三杯酢でいただいてもおいしいですよ。

夏ばて対策にビタミン一杯のゴーヤをたくさん食べて夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅干しを簡単に手作り 天日干しだけはしっかりやりましょう

今年は梅の塩漬けと赤しそを同時につけるというやり方で簡単な梅干し作りに挑戦してみました。 梅の状態が悪かったのか少しカビが生えたりもしましたが、なんとか天日干しができるまで漕ぎ着けました。 最後の仕上 …

たけのこのあく抜き ぬかを使って新たけのこをおいしく

スポンサードリンク 私は中華料理などでたけのこを使うときは市販の水煮のたけのこを使っています。でも春先の新たけのこの時期だけは、たけのこをゆでて歯ごたえある料理を楽しんでいます。たけのこで残念なのはあ …

私のジャージャー麺はあんがたっぷり ジャージャー麺の作り方

スポンサードリンク 夏になると我が家のリクエストで多くなるのは「ジャージャー麺」です。これは中華料理で豚挽肉とたけのこ、しいたけなどを黒味噌で炒めたあんを中華麺にかけていただくものです。 いろんなレシ …

スープジャーの洗い方 うちの弁当はスープジャーにご飯を

うちの主人の弁当に毎日スープジャーを利用しています。スープだけでなく、ご飯もスープジャーに入れているんですが・・・ スポンサードリンク 私のスープジャーの洗い方を紹介します。 スポンサードリンク 関連

カレーの鍋を簡単に洗う方法 次の日もおいしく食べるコツは

スポンサードリンク 我が家では週に一度はカレーライスを作ります。娘が喜んで食べるので、多めに作って残ったカレーを再利用したりしています。昔は次の日に温め直して食べたりしていたのですが、すぐカレーがゆる …

サイト内検索はこちら