生活

車の雪下ろしはどうしてる?急いで車の雪下ろしをやる方法

投稿日:2016年1月20日 更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついに今年も冬将軍がやってきました。雪がわさわさ降ってきて早起きして車の雪下ろしをしなければ出勤できません。

私の車は古いマツダのプレマシーというワゴン車です。車の塗装とかはもうかなりへたっていて、細かいキズもあります。朝の出勤のために、1秒でも早く雪を落とさなければなりません。

雪道の安全運転もまずはしっかりと雪を落とすことから始まります。

私の車の雪下ろしのやり方を紹介します。

車の雪下ろし エンジンをかけて曇り取りからスタート

今日は15cmくらいの積雪です。車の雪下ろしをすれば、すぐに道路に出て運転できそうです。状況にもよりますが30cm以上雪が積もっていた場合は、道路まで車がでられるように雪かきして道をつくることから始めましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の車の雪下ろしは、車のエンジンをかけて、フロントガラスの曇り取りスイッチを押すことから始まります。

前日から大雪になりそうと、天気予報で予想していたので、すでにフロントガラスのワイパーはあげてあります。

もし、うっかりあげずに雪が積もっていても慌てないでください。たぶん、ワイパーのゴムとガラスが凍り付いて動かないと思います。

フロントガラスの曇り取りスイッチが入っていれば、ガラスが暖まって、そのうちにワイパーをあげることができるようになりますから。

大雪の場合はエンジンをかける前に、車の後ろのマフラーの部分に雪が詰まっていないか確認してください。マフラーに雪が詰まったままエンジンをかけると排気ガスが車内に充満して、一酸化炭素中毒をおこしてしまい、大変危険です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車のリアドアにもワイパーがある場合は雪下ろしの前にあげておきましょう。

車の雪は スノーブラシで高い場所から横側へ落とすのがコツ

ここで雪下ろしの必需品、スノーブラシが登場です。背の高い車ですと、長いスノーブラシが便利です。軸を回転して伸ばすタイプのスノーブラシもありますが、スイッチを押すだけで、軸が伸びるタイプの方が急いでいるときは簡単です。

 

まずはスノーブラシの黄色いブラシ部分で屋根の雪を落としましょう。車の雪は高いところから、横側に落としていくのが基本です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜなら車の前に落とすと、進行方向に雪山ができることになり、運転できません。結局最後に、雪かきしなければなりません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車の後ろ側からも雪を落とします。後ろはそのまま発信しますから、後ろに雪を落としておいてかまいません。車の前方以外はコの字型に雪山ができるかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイドガラスはブラシで雪をしっかり落とします。サイドミラーのあたりは防寒手袋で丁寧に落としましょう。この辺をいい加減にしておくと、サイドミラーが運転中に雪で真っ白で何も見えず慌てることがあります。

車の雪おろし 最後にフロントガラスとボンネット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は最後にフロントガラスの雪をスノーブラシのゴムワイパーの部分で落とします。雪は前ではなく、横側に落とすようにします。ワイパーをあげ忘れていた場合は、この時あげてから雪を落とします。フロントガラスが暖まっているので。凍り付いていた場合も溶けているはずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの軸の後ろの黒いプラスチックのへらは、フロントガラスの氷を削りとって落とす道具です。

今回はもうガラスが暖まっているので使いませんが、雪ではなく、フロントガラスに霜が降りていた場合は

・エンジンをかけて、フロントガラスの曇り取りのスイッチを押す。

・お湯をガラスにかけて、霜の氷が柔らかくなったときに、氷をへらで削って素早く霜を取り去る。

このようにフロントガラスの氷や霜を取る場合に便利です。ガチガチ凍ったままですと、ガラスを傷つけることがありますので、熱で氷を溶かしてから作業しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車の雪下ろしが済んだら、前輪のタイヤの前の雪をスコップでよけておきます。雪が多いときは後輪のタイヤ回りも雪をよけておきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にワイパーを下ろして出発です。あ、後ろのワイパーも忘れずに下ろしましょうね。

まとめ

時々、運転さえできれば良いと思い、フロントガラスとリアガラスだけ雪下ろしをして走っている車を見かけることがあります。

車の天井に雪が20cmくらい積もったまま走っているのですが、回りの車から嫌われて、妙に車間距離が開いていたりします。

これは運転しているうちに、車が暖まって屋根の雪が突然フロントガラスの前にバサッと落ちてきて、真っ白になって前が見えなくなることがあり、大変に危険です。

こんな車のそばにいて、事故に巻き込まれるのがいやなんで、みんな離れて運転しているのです。

雪道を運転するときは、急いでいても屋根の雪からしっかり落として、安全運転を心がけましょう。

雪の時期の運転に便利な道具を紹介しています。

冬将軍到来、雪道運転ではまりたくない!必要な三種の神器とは?

雪道の運転で気をつけることは?雪の道路は危険がいっぱい

雪かきはいつ、どうやるの 必要な道具は 私の雪かきを紹介

エアコンの室外機の雪対策 大雪が降ったら室外機も雪から守ろう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-生活
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

じゃがいものプランター栽培 三色のじゃがいもの生育と花は

4月からノーザンルビー、インカのひとみ、シャドークィーンという、赤黄紫の三色のじゃがいもを育てています。 じゃがいもは種から育てるわけではなく、種芋を使ってわき芽からできるイモを土の中で育てるのが主流 …

じゃがいもをプランターで秋植え どのくらい収穫できたか

今年も9月の頭から、じゃがいもをプランターで栽培していました。去年はほとんどダメだったのですが、今年は順調に芽が出て育っていました。 天候不順もありましたが、なんとか収穫までこぎ着けました。 秋植えの …

じゃがいもをプランターで秋植え 早く芽が出る秋用の種芋を

じゃがいもをプランターで植えるのにはまっています。9月頭に秋植えのじゃがいもを3種類、植え付けました。 今年はデジマ、アンデス赤、さんじゅう丸の三種類です。 実は去年、秋植えのじゃがいも栽培に失敗して …

じゃがいも栽培をプランターで グランドペチカはどうだった?

今年の春もじゃがいもを3種類、プランターで栽培しました。紫のシャドークィーン、ピンクのノーザンルビー、初めて植えたのはグランドペチカという大きなじゃがいもです。 4月頭から種芋を植えて、順調に育ってい …

洗濯物が生乾きだと臭いが残る 原因と臭いを防ぐ方法は

梅雨時や長雨が続くとどうしても洗濯物が部屋干しになり、生乾きの臭いがします。部屋干し用の洗剤を使ってもそう変化がないような気がします。 洗濯物の生乾きの臭いの原因と少しでも臭いが減るような洗い方を調べ …

サイト内検索はこちら