ひな祭り 料理レシピ

ひな祭り いちごとバナナでぷち人形を作ってみました

投稿日:2015年1月31日 更新日:

DSC_9141

ひな祭りのケーキの飾りにどうかなと思い、イチゴ、バナナ、キウィでひな人形を作ってみました。なんだかちょっと失敗気味ですが娘は大喜びでパクリ!

おやおや今日のおやつになってしまいました。(^^;)

材料はイチゴ、バナナ、座布団はキウイです

用意した材料はこんな感じ、イチゴ、バナナ、キウイ、顔はチョコペンで書くことに挑戦です。

DSC_9130

イチゴを切って・・・ちょっと安いイチゴだったんで小さいサイズですね。バナナも切って顔にします。キウイは丸い座布団に。これはけっこう簡単でした。

さて、チョコペンの先っちょをひねって、顔を描く練習をしようかと・・・

えー!全然固くて書けません。入っていた袋を見てみると

「40度~50度のお湯で湯煎してからあけましょう」と書いてありました。

とほほ・・仕方なくそのまま湯煎にかけてしばらく待ちました。

結局、チョコペンはダメダメで使ったのは・・・

何とか気を取り直して、白いお皿でチョコの顔かきの練習です。しかし、封を切ってあったので最初はお湯がそのままでてきました。

DSC_9132

そのあとも大きすぎたり、小さすぎたりどうもうまく書けません。爪楊枝で溶けたチョコで顔を描いてみましたが・・・

流れてしまいやっぱり失敗。仕方なくカレーふりかけの中から黒ごまをひろって、貼り付けました。

チョコペンで顔を描くのはどうも修行が必要なようです。

これで完成。本番ではもっと工夫が必要かも

今日はこれで完成・・・ということにしておきましょう。海苔を文具のパンチマシンで顔を切って貼ったり、頭の飾りやしゃくも海苔で作れそうです。

DSC_9140

イチゴのヘタの葉っぱも利用すれば王冠みたいな感じになるかも・・

それにしても、もう少し大きいイチゴで試してみればよかったです。

キウイの座布団はまぁまぁですね。ミカンやオレンジの輪切りでも良いかもしれません。

なんかかわいいけど、おひな様というよりもキノコのペアに見えます。でも娘と一緒に作ったので楽しかったですよ。

あとがき

イチゴはかわいくてけっこう冬場から5月くらいまで出回っているので、ハロウィン、クリスマス、バレンタイン、ひな祭り、こどもの日、誕生日なんかでもいろいろアレンジが効きそうです。

「イチゴが嫌いなこどもはいないよ」そう断言したママ友もいました。カワイイ人形にアレンジしてお土産にすると喜ばれるかもしれませんね。

小さい鏡餅で、ひな人形をつくってみました。

ひな祭り 鏡餅で食べられるひな人形を作ってみました

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

-ひな祭り, 料理レシピ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スープジャーでお弁当作り、我が家の簡単な作り方

我が家はスープジャーで主人にお弁当を作っています。初めは普通の弁当箱にご飯とおかずを詰めて、スープだけスープジャーで作っていたのですが・・ 玄米をお弁当に入れたら、「ぱさぱさして食べられないよう!」と …

味噌を手作りしたけどカビが生えた!どうすれば食べられるの

娘が近所の公民館で味噌の手作りに挑戦してきました。2月の寒い時期に仕込んで、3ヶ月ほど常温で保存すれば食べられるそうな。 さて5月のある日に味噌の入ってるタッパーを確認してみると・・どうやら黒い小豆大 …

ゴーヤの苦みを抑えて ゴーヤとイカの夏サラダはいかが

ゴーヤといえば、ゴーヤチャンプルーを思い浮かべますが、イカやパプリカを利用した、色鮮やかな、ゴーヤの夏サラダを紹介します。 関連

キャベツとひき肉の和風重ね煮 お鍋まるごとロールキャベツ風

寒くなってくると煮込み料理が恋しくなってきます。ロールキャベツは少々面倒ですが、ミルフィーユのように、キャベツとひき肉を重ねて煮込んだ料理を紹介します。 鍋ごと、ぽんとテーブルにおいて取り分けて家族で …

水キムチの作り方を紹介 大根でおいしい水キムチに挑戦

ローフードを意識していろいろ食べていますが、韓国の水キムチもいつも冷蔵庫に作って入れてあります。今日は旬の大根で辛くない、植物性乳酸菌たっぷりの水キムチの作り方を紹介します。 関連

サイト内検索はこちら